Blog

 

サイトマップへ

もしかして、ペットへの差別? 2 - 2008年07月29日

ご訪問いただきありがとうございます。

先日の、『もしかして、ペットへの差別? 』の記事の結末や如何に!
例の検査センターからは後日、検査を受け入れてくれるところが見つかり、こちらの要望にお応えすることができますという、とてもいい前向きな回答を得ました。よかった、よかったです。私の胸のつかえも下りました。
『・・・センターさん、ありがとう!』って伝えました。

      獣医療 Veterinary Medicine
     獣医療-眼科医 Veterinary Medicine-Ophthalmologist D2Xs

人医領域の検査センターは、本来人のためのものなんですが、検査の内容によっては動物にも応用できるものがあり、日常的に行われているものもあるんですよ。
もちろん、精度の点や特異性の違いから応用できないものもありますが、そこのところの線引きをしっかりしていれば、参考値ということではあっても十分使えるものもあります。
今は、結果の連絡が入るのを待っています・・・(つづく)。

ejima_ac at 15:28 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星