Blog

 

サイトマップへ

2018年08月

2. 東京学芸大学附属小金井中学校の職場体験学習 2018 - 2018年08月01日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

前回に引き続いての『2. 職場体験記事』です。
東京学芸大学附属小金井中学校の職場体験学習(2名) 東京学芸大学附属小金井中学校の職場体験学習(2名)を今年
 2日間[2018(H30)年7月10〜11日]受け入れました。







中学生諸君から質問が出て、スタッフ[DVM(獣医師) Doctor of Veterinary Medicine、VN(看護師) Veterinary Nurse ]が答えていました。
 1.なぜこの職業についたのか?
    DVM(獣医師): 漫画(動物のお医者さん)を読んだ事が目指したきっかけです。
    DVM(獣医師): 小さい頃犬を好きになったことがきっかけ(散歩中の犬をほとんど触らせてもらってい
    た)。

    VN(看護師): 元々は獣医師になりたかったが、小さい時行った動物病院で細かいケアをしている看護師さ
    んを見て憧れていたから。

 2.仕事をしていて嬉しかったこと(素晴らしいと思ったこと)
    DVM(獣医師): 処方した薬がよく効き、症状が良くなっていってくれた時、飼主の方と一緒に喜べること。
    DVM(獣医師): 飼主様にありがとうと言われること。
    VN(看護師): 動物の扱い方を褒められた時。
 3.仕事をしていて辛かったこと(大変だったこと)
    DVM(獣医師): 安楽死。
    DVM(獣医師): 動物が非協力的なこと。
    VN(看護師): 動物が亡くなること(長く通院していたりなど)。
 4.どのような過程を歩んできたか? また、取得した資格はあるか?
    DVM(獣医師): 麻布大学獣医学部獣医学科(旧淵野辺高等学校から進学)。
    DVM(獣医師): 小→中→高→大学(獣医学部)。
    VN(看護師): 小→中→高→専門学校を卒業し、1年間教育者としてトリマーの教育職に就いたが、体を壊
    し療養したのち、現在の仕事に就いた。

 5.忘れられないエピソード
    DVM(獣医師): 安楽死や亡くなったペットとその飼主様のこと。
    DVM(獣医師): ずっと診ていた子が亡くなってしまったこと(救えなかったこと)。また、結果はどうであ
    れ、飼主様が、それでもアルバムや品、手紙などをくれること。今でも大切にしています。へこんだ時は見
    ています。

    VN(看護師): 亡くなったあとの見送る瞬間。その時、飼主様から泣いて感謝されたこと。
 6.どんな人がこの職業に向いているか?
    DVM(獣医師): 好きな事や面白いと思える事に夢中になれる人。
    DVM(獣医師): タフな人、心身共に強い人。
    VN(看護師): 動物を好きなことはもちろんだけど、ただ好きなだけではやっていけない。
    自分の体を大切にできる人(私が体を壊したので、健康を保つことが大切と強く伝えた)。


このようなやり取りは、本人達の前向きな気持ちが出ているように感じ、とても面白い企画と思いました。

飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 09:00 コメント( 0 )  この記事をクリップ!