Blog

 

サイトマップへ

2017年06月

超小型! 2ヶ月齢のチワワでのチェリーアイ矯正手術と器具 - 2017年06月22日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

今回は、左目チェリーアイ矯正手術の事例を器具を含めて簡単にご紹介します。
来院時2ヶ月齢の超小型犬(BW780g)のチワワの女子、手術はやりにくいものになると思われました。

左目のチェリーアイ 左の目頭が腫れているのを昨日見つけた とのことで来院されました。
 チェリーアイの診断の元、手術に向けての準備を進め3週後にチェリーアイ
 矯正手術を実施しました。
 この時点で体重は1.12Kgまで増えていました。
 007903300 YNI MM

手術3日目 左目チェリーアイ矯正手術 手術3日目の所見です。
 チェリーアイはきちんと矯正され
 元の位置に戻っています。


 カストロビエホ持針器 ミニ曲
今回のように細かい手技になりそれを成功させるためには、それなりの器具を用います。ここに紹介するカストロビエホ持針器もその一つで、組織にも術者にも過重のストレスを及ぼすことなく、思い通りに針糸を進めることができます。顕微鏡手術とまではいかなくても細かく、丁寧な手術をしたいという時にはうってつけの器材と思います。あと、ピンセット類、鉗子類、針糸についても小さな術野向きのサイズの物が必要です。

飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 20:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

新設!! 猫優先エリア Cat Space - 2017年06月16日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

isfm Certificate of membership 当院は、イギリスに本部を置くISFM(猫のための国際医学会:International
 Society of Feline Medicine
)のメンバーに加入しました。
 ISFMは猫の病気のことだけでなく、猫自身のことを大事に取り扱おうという考えが
 ベースになっている団体です。
 猫にとっても優しい病院(Cat Friendly Clinic)でありたいと願っています。

 下の写真は待合室です。今回の加入をきっかけに『猫優先エリア Cat Space』を設けました。
猫優先エリア Cat  Space [ISFM加入をきっかけに] 患猫のケージを床置きしないための架台も脇に準備しています。
 猫の生理に合わせたハード面、ソフト面での病院作りの考え方はとても勉強
 になりました。

飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 12:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

胸元の白さが際立つセッカ(雪加、雪下) - 2017年06月12日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

 セッカ 洗濯後の白いワイシャツのように胸元の白さが際立ってました。
胸元の白さが際立つセッカ(雪加、雪下)

          セイタカアワダチソウとセッカ - 2014年11月22日
          セッカ - 2011年12月07日

わくわくフォト撮り隊


ejima_ac at 06:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

愛犬の肥満の悩み、体脂肪率(BFP)も測ってみませんか?  - 2017年06月01日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

 下の写真は、犬用の体脂肪計です(注意: ペースメーカー装着の犬には使えません)。
犬用体脂肪計 IBF-D02 ヘルスラボ ふだんの診療の中で、『最近この子太ったのよね〜!』 という言葉を
 耳にすることがあります。
 このような時、当院では体脂肪率(Body Fat Percentage: BFP)の測定
 をお勧めしています。もちろん、体重、食餌の質・量・回数、ウンチの
 質・量・回数、品種、年齢なども参考にします。
 通常、犬の体脂肪率は、♂で 19〜26%位が適正とされています。 
     <19%:    痩せ気味
     26〜33%位: 太り気味
     33%<:    肥満

 これらの数値は、去勢♂や♀では少し右側にシフトします。
 適正脂肪率が高い品種(シェルティー、ポメラニアン、♀のキャ
 バリア)では、さらに右側にシフト、適正脂肪率が低い品種(ジャック
 ラッセル、フレンチブルドッグ、ブルドッグ)では逆に左側に少しばか
 りシフトします。

体脂肪率を測定しているところ 左は、体脂肪率を測定しているところです。
 ストレスなく測定することができます。是非、お勧め致します。
 肥満の対策法についても紹介しています。

飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!