Blog

 

サイトマップへ

2016年11月01日

全視野ERG(ElectroRetinoGram、網膜電図)検査 - 2016年11月01日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

検査に使うコンタクトレンズ 電極が埋め込まれています。  検査に使うコンタクトレンズで、電極が埋め込まれています。
 全身に血液を送り出すポンプの役割を持つ心臓の機能評価をする
 のに心電図があるように、目の奥にある いわばパラボラアンテナ
 の役目を担う網膜の働きを評価するのに網膜電図(ElectroRetino
 G
raphy、ERG)というのがあります。

 全視野ERGは、心電図のように電位変化を記録して、その波形
 から網膜の働きは正常かどうかを調べるもので、白内障や緑内
 障の手術前に網膜機能の状態を推測し、手術の適応(手術で視
 力が回復するかなど)を決めたり、白内障が進んだり、角膜が濁っていたり、硝子体に出血などがあって眼底検査ができない時にも有用です。また、網膜剥離、網膜変性症などの網膜の機能異常を発見するのにも有効です。

暗室にペットを置き(暗順応)、鎮静下、点眼麻酔下にて、電極を埋め込んだコンタクトレンズを装着します。その後、眼球内の網膜に光をフラッシュさせます。網膜と角膜の間にある電位(静止電位)に変化が生じるので、この電位変化を増幅して記録します。このようにして網膜自体の機能を評価します。

ERG検査を受けたトイプードルの男の子 今回紹介するトイプードル(3歳、♂去勢)です。
 右目は散瞳気味で全網膜はく離を起こし、左目は右に較べて縮瞳
 していて対光反応は正常に見られました。
 ERG検査にて網膜の機能を検査したところ、下表のように左目は
 正常であることがわかり、白内障手術に進むことになりました。


 **77*25** frnSmz

トイプードルのERG検査 左の網膜電図は
 今回の事例です。
 右目は反応無し
 (フラット)、
 左目は反応あり
 (a波、b波とも
 正常にみられま
 す)の結果を示し
 たものです。
 左目について白内
      障手術に進んだ根拠はこのERG検査の結果(左目の網膜
                           機能は正常)にあります。

 左右の目についての所見ですが、
トイプードルの右目の網膜はく離 左の写真は右目の眼底所見ですが、全網膜はく離が見られます。
 いつも散瞳気味の状態です。ERGは上図のように無反応で陰性
 でした。








トイプードルの左目の未熟白内障 左目は未熟白内障がみられています。
 ERG検査では網膜機能は正常と判断され、それを根拠に白内障手
 術に進んでいます。





飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!