Blog

 

サイトマップへ

2015年01月16日

ゴールデンリトリバーの東洋眼虫 - 2015年01月16日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

回は、ゴールデンリトリバーの東洋眼虫(とうようがんちゅう)の症例について簡単に紹介します。
症例は、ゴールデンリトリバー種 11歳 ♂ 33.4Kg 
1〜2週前のことで、左目に傷があり、血のようなものが出てきたという主訴でした。

左目の角膜炎(東洋眼虫) 治療前と治療後の顔写真

 左は、初診時の治療前と治療後の顔写真です。
 治療後はとても良くなっています。





 **66**55** BKK TNK 

検眼中に虫体を確認したので、虫体を摘み出して治療をスタート、2ヶ月後には完治しました。
下の写真は、治療前後での左目の様子の比較です。
目はとても良くなっています(下の写真)。
左目の角膜炎(東洋眼虫) 治療前後の比較

摘り出した東洋眼虫左は摘出した虫体。

その後は白内障の予防を続けています。

東洋眼虫について
 1.体長8〜16mmの白色の小線虫
 2.犬、猫を最終宿主として、その結膜嚢に寄生する。人での寄生例もある。
 3.西日本、特に九州に多い。近年では東日本でも確認されている。
 4.数匹存在するのが普通である。
 5.犬の眼脂を好んで摂食するショウジョウバエの1種メマトイが、眼瞼などに留まった時に移ると
    考えられている。
 6.幼虫が成虫になるには、3〜5週間を要する。
 7.眼瞼皮下腫瘤や前房内(眼球内)に迷入することもある。

飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!