Blog

 

サイトマップへ

2014年10月25日

シンガプーラ(猫)のチェリーアイ手術 - 2014年10月25日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

今回は、猫のチェリーアイ手術例の紹介です。
この子はシンガプーラ、5齢、♀(避妊済み)、3.35Kg

シンガプーラ(猫)のチェリーアイ手術1週間前に発症したとのことで、A病院からのご紹介でした。点眼療法で経過を見るも改善は得られなかったようです。
左目のチェリーアイはかなり赤く腫れ上がり、重度な印象でした。


**67*96** MKN OKD
上の写真は手術前と7日後の所見です。経過は順調でした。左目のチェリーアイはきれいに矯正されています。
この記事をアップする段階では術後4ヶ月ほどを経過していますが、再発はなく順調のようです。

            ・ 猫のチェリーアイ Feline Cherry Eye - 2012年04月16日

飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 07:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!