Blog

 

サイトマップへ

2014年08月22日

経過がいい チワワの角膜ジストロフィー(Corneal Dystrophy) - 2014年08月22日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

左目の角膜ジストロフィー(チワワ) 角膜ジストロフィー(Cornial Dystrophy)はよく見かける角膜疾患です。
 順調に治る子もいれば、そうでない子もいます。今回は、よく治ったケースに
 ついて簡単に紹介します。 
 症例: チワワ 4歳 ♂(去勢) 3.2Kg 左目の角膜ジストロフィー
 

 **630057** ChokYT

最初は左目角膜(目の表面)の出血で来院されました。この出血は角膜ジストロフィー部に伸びる血管からのものでした。恐らく、過去に角膜ジストロフィー部に傷ができて、その治癒のために入ってきた新生血管からの出血と思われました。
角膜の所見から角膜ジストロフィーと診断し治療を開始しました。下にその経過所見を示します。
    左目の角膜ジストロフィー(チワワ)の経過
     治療の効果は一ヶ月後から見られ、診察の度に改善が見られました。
     上の経過所見からわかるように、白い結晶様のものはだんだんと消失しています。
     初診から1年7ヶ月(治癒から1年2ヶ月)経った現在も白内障の予防も兼ねた目薬は
     続けています。経過はよく、きれいな角膜を維持できています。角膜ジストロフィーの
     再発は見られていません。
     とてもいい経過をとっています。

飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!