Blog

 

サイトマップへ

2014年03月05日

IT情報交換が残すもの - 2014年03月05日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

以前にもインターネット関連の記事はアップしたことがありますが、今回は IT(Information Technology)情報交換 について簡単に触れてみます。

IT(Information Technology)情報交換 私たちは普段、スマホ、携帯電話、PCなどを使って連絡し合ったり、
 情報交換をしています。
 その際、電話では電話番号が足跡として残るように、インターネットで
 は必ず、発信元のアドレスなどが残る仕組みとなっています。
 アドレス等を付けない(消す)とか、改変するとかはできません。
 匿名やニックネーム、ハンドルネームを名乗ってもその足跡はちゃんと
 残ります。特定できるのです。

 また、このアドレス等は必ず世界で一つと決められています。つまり、
 インターネット上にある『自分の住所、顔』そのものなのです。




悪用ツールとして使うと『頭隠して尻隠さず』みたいなことになってしまいます。書き込んだ人を特定できる仕組みとして アドレス等 が設定されているのです。

インターネットは気軽に扱えて便利なツールですが、安易に使うと難しい面も持ち合わせます。悪戯(いたずら)に用いたり、知らない所で悪口を書き込んだりして『ネットいじめ』になってしまったり、あるいは、なりすましなどで悪用したりすると『犯罪』につながります。

世の中ではそういった事柄が毎日のように画面や紙面に溢(あふ)れますが、そういうことをされた側はとても傷つきます。自分で正しいと意識できる使い方が求められます。
『やってはいけないことを判断できる力を身につける!』は大切なことで、必要なマナーだと思います。

飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 16:00  この記事をクリップ!