Blog

 

サイトマップへ

2013年11月

ミニチュアダックス(♂)の会陰(えいん)ヘルニア手術 - 2013年11月19日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

今回は会陰(えいん)ヘルニアの手術症例(ミニチュアダックス、10齢、男の子(♂)、5.08Kg)について簡単に触れてみます。

左の会陰(えいん)ヘルニア手術後15日目 左の写真は、会陰(えいん)ヘルニアの手術後15日目のもの
 です。術後の経過は良く、順調に治りました。













 **28*32** FJED MN

この子は、5か月ほど前から左の会陰部(えいんぶ)に膨らみが出始め、その時点では、直腸憩室(ちょくちょうけいしつ)や会陰(えいん)ヘルニアなどが考えられる旨を飼い主様にお伝えし、以後、経過観察となっていました。

今回の症状は、会陰(えいん)ヘルニアが悪化し、ウンチが出ない、苦しそうに踏ん張っている、食欲も元気も落ちているなどが3日位前から出てきたとのことでした。診察した時とても痛そうで、苦しく辛そうでした。
視診・触診・聴診を始め、血液検査、レントゲン検査、心電図検査、エコー検査、血圧検査など一連の検査を進め、全身状態の把握と共に、会陰(えいん)ヘルニアと確定診断して、かなり苦しそうな様子でもあったので、飼い主様のご了解を得てそのまま緊急手術に移行しました。

下の写真は痛々しいものですが、術後2日目からの所見を示しました。
会陰(えいん)ヘルニア手術2日目、4日目 経過と共に落ち着いていく様子がうかがえます。
 






会陰(えいん)ヘルニア手術7日目、15日目 術後6日目あたりからは自分でオシッコ、ウンチができるように
 なりました。






この病気は、シニアで ♂のミニチュアダックスに多いですね。今後の課題として、再発や反対側での発症のリスクは残りますので、きるだけ穏やかな生活が望まれます。そのような意味で、一緒に去勢手術も行っています。

飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 06:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

秋のノビタキ いつもの場所でいつものように - 2013年11月01日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

例年のノビタキ いつもの場所でいつものようにその姿を見ることができました。
秋のノビタキ Svnd

秋のノビタキ Svnd

秋のノビタキ Svnd

この時期、このフィールドにはノゴマが立ち寄るので、たくさんのバーダーの方々が砲列を構えています。

わくわくフォト撮り隊


ejima_ac at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!