Blog

 

サイトマップへ

2013年10月01日

子猫(ブリティッシュショートヘア)の白内障手術 - 2013年10月01日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

猫の白内障は、前にも一度紹介(猫の日帰り白内障手術)したことはありますが、今回は、子猫の白内障手術の症例について簡単に触れてみます。
一般に猫の白内障は、犬やウサギに比較して診る機会は少ないですね。当院で経験する猫の白内障は年齢別に分けると、この子のような若い猫が最も多く、以下、老猫、成猫の順となっています。当院で日常行う白内障手術は、猫も犬もウサギも皆若い子に多いですね。

子猫(ブリティッシュショートヘア)の白内障 今回の症例は、ブリッティッシュショートヘア、4ヶ月齢、♂、
 1.54Kgのまだ小さな子です。

 あるブリーダーの方から2ヶ月前に購入され、目が白いことには
 来院2日前に気づかれたとのことでした。



 00**65*41**00 ABi-KoED

       右下の写真のように、すでに目は白く、誰が見てもその白さはわかります。
       薬で散瞳されています。
       両目とも白内障は同程度に進んでいます。
               子猫(ブリティッシュショートヘア)の白内障

             右下は、両目の白内障手術後で、右目は1ヶ月目、左目は2週間目の所見です。
                              子猫(ブリティッシュショートヘア)の白内障

飼主様にとって、この子の手術は一大決心でした。経過がうまく行ってよかったです。
つい先日、右目2か月、左目1か月半のところでの検診に来られましたが、目の経過は大変よかったです。
この子は光を取り戻せています。

飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 1 )  この記事をクリップ!