Blog

 

サイトマップへ

2013年07月

ネコの予約診療(日曜日午後)始まります! - 2013年07月28日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

院では 2013(H25)年8月4日(日)から『ネコの予約診療 を毎週 日曜日の午後 スタート致します。

ネコの予約診療はこちら


       ● 診察時間: 毎週日曜日の午後2時40分〜4時10分まで
       ● 受 付:  予約制

       診察・診療をご希望の方は ご予約 をお願い致します。ネコだけの予約診療です。
                TEL: 042−349−7661
                FAX: 042−349−7662   《当院へのアクセス》はこちら

       ネコの予約診療始まります!

 《なお、通常の診療日においても、ネコの診療は行っております。通常診療も今まで通りご利用ください。》
******************************************************************************************
  *下のようなネットに入れて来ていただけると、猫のストレスも少なく、診療はスムースに進みます。
                      ご協力下さい。

                ☆ネコ用ネット 二口のチャックがいいですね。     
******************************************************************************************

飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

手術室の機能アップ(電動手術台&保温マットの導入) - 2013年07月22日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

電動油圧手術台MUT-500SR(スライド型) 電動油圧手術台 MUT-500SR(スライド型)と保温マット ペットサームを
 導入しました。
 微妙な傾き、高さの調整が可能となり、手術手技や技術の水準を向上させ
 ることができます。手術台のお尻部分に付いている取り外し可能なマット
 を、反対の頭部分にも取り付けられるよう改良を加えていただき、導入の
 運びとなりました。

架台部 電動油圧手術台MUT-500SR(スライド型) 心臓部の架台部分です。




 リモートコントローラー 電動油圧手術台MUT-500SR(スライド型) 
 リモートコントローラーで様々な角度、
 長軸方向へのスライド機能、高さの調
 整が可能です。
 様々な体位に対応しやすくなり、特に、
 眼科系での顕微鏡手術時には、頭位や
 眼位の細かい調整にはいいですね。
 ジャックナイフ位も取れます。







また、これに伴い手術中の保温用マットとしてペットサーム(Veterinary Warming Systems)も導入しました。
保温マットのコントロールユニット ペットサームPetTherm 術中の体温低下を緩やかにできる効果が期待できます。
 今までも体温低下に対する対策はとってきましたが、今後はより一層、
 効果的になります。
 無音というのもいいですね。

 手術を受けるペットたちの負担やストレスを少しでも軽減できるよう
 貢献できればと考えています。



飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 12:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

世界遺産でのルリビタキ - 2013年07月15日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

世界遺産に登録された世界的に超有名な日本の山。亜高山帯でのルリビタキ。
ルリビタキ SvnD

ルリビタキ SvnD

耳に入る鳴き声はいつもながら気持ちいいですね。優しい気持ちにさせられます。
ルリビタキ SvnD

          ・ ルリビタキ ♂ - 2013年02月01日
          ・ ルリビタキ - 2012年03月01日
          ・ ルリビタキ♀ - 2010年02月10日
          ・ 冬の青い鳥 ルリビタキ(瑠璃鶲)♂ - 2010年01月31日
          ・ ルリビタキ(瑠璃鶲) - 2009年07月07日

ejima_ac at 07:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

股関節脱臼時の骨頭切除手術 - 2013年07月01日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

今回は、増えている股関節脱臼時の大腿骨頭の切除術について簡単に触れてみます。
以前は犬や猫の交通事故は比較的よくあって、体の各部位[(寛骨(かんこつ)、大腿骨、脛骨(けいこつ)・腓骨(ひこつ)、前腕骨(ぜんわんこつ)、肩甲骨(けんこうこつ)など]の骨折にも時々遭遇したものです。最近はあまりみなくなりましたね。代わってトイプードル、チワワなど小型犬種での股関節脱臼に遭遇するようになりました。時代と共に変化が見られるようです。

股関節脱臼と骨頭切除術 左の写真は大腿骨頭切除の手術前と後の比較写真です。
 以前は骨ノミなるものを使って骨頭を切除していましたが、
 現在はよりストレスの少ない高速回転バーを使います。
 このため骨頭切除の処置は数分で終わります。

 術式には股関節に対しての外頭側アプローチと腹側アプローチが
 ありますが、主に犬の大きさで使い分けていきます。



飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!