Blog

 

サイトマップへ

2013年05月25日

犬の熱中症 飼い主の8割が配慮できず - 2013年05月25日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

熱中症予防 ライカ j1犬の熱中症 飼い主の8割が配慮できず 』、衝撃的な内容でした。
 2013年(H25年)5月13日[月曜日]の NHK News Web に掲載
 されていた記事です。下記に引用させていただきます。

 室内に居る時でも、エアコン+空気の流れを作るといいですね。







 写真を撮ろうとした時に緊張顔になってました。

引用記事:犬は地面からの熱を受けやすいことなどから熱中症になりやすいとされていますが、犬を飼っている人のうち全体の8割が、犬の熱中症に配慮できていないことが民間の調査会社の調べで分かりました。
「トヨタマーケティングジャパン」では、東京や大阪など4つの都府県に住む犬の飼い主1000人を対象にインターネットで調査しました。
それによりますと、犬の飼育に関する自己評価で「飼育に自信がある」と回答した飼い主は56.7%に上りましたが、犬の病気については63.8%が「詳しくない」と答え、飼育には自信があるものの、病気についてはよく理解できていない人が多いことが分かりました。
また、犬は体が毛で覆われていて熱を発散させられなかったり、地面からの熱を受けやすかったりするため、熱中症になりやすいとされていますが、ふだんから犬の熱中症に気を配っている飼い主は20.4%にとどまり、およそ8割が配慮できていませんでした。
ペットの熱中症に詳しい獣医師の大西学さんは、「4月、5月ごろから熱中症の症状や症例が増えてくる。犬は、飼い主の少しの油断で熱中症になるので注意してほしい」と話しています。

飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 11:26 コメント( 1 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!