Blog

 

サイトマップへ

2013年04月

5年ぶりのS先生 - 2013年04月23日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

当院ブログの最初の記事、
ブログのスタート。 ペット診療のプロフェッショナルとしてのイメージ - 2007年12月12日
ご登場いただいたS先生。
今までも時折、チョイ寄りされては、元気なお姿を拝見させていただいておりましたが・・・、

犬の聴診: ペット診療のプロフェッショナルとしてのイメージ 今回は、休暇を利用されて2日間の臨床研修に
 いらっしゃいました。
 4年間の勤務後、2008(H20)年春に当院を退職され、
 その後も臨床畑でご活躍です。
 今回は、懐かしくもあり、楽しくもある診療の
 ひとときをありがとうございました。
 いろいろ情報交換できて楽しかったです。

 是非またいらしてくださいね。


ejima_ac at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

ドウダンツツジ - 2013年04月16日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

ドウダンツツジの花 白くて、小さくて可愛い花です・・・。毎朝、目を楽しませてくれます。
ドウダンツツジ  d3h

雨粒のドウダンツツジ
ドウダンツツジ d3h

様々な角度から撮ってみました。
ドウダンツツジ d3h

ドウダンツツジ  d3h

ejima_ac at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

猫のブドウ膜炎 Feline Uveitis - 2013年04月01日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

ここのところ ブドウ膜炎 の症例が続いてますが、今回は 猫のブドウ膜炎 Feline Uveitis をご紹介します。
アメリカンショートヘア、7ヶ月齢、♂、4.3Kg。

治療前 『左目が開けずらい。』との主訴で来院されました。
 診ると、左目は写真のようにブドウ膜炎(前房内に血様フィブリンや
 虹彩の血管の発達)が見られます。
 左目の眼圧は右に比べて低下気味です。
 〔右目:21mmHg、左目:10mmHg(↓)

 61**95 YSYS-OYM

治療9日目 治療9日目の所見です。
 目の中はきれいになり、ブドウ膜炎の症状は消えています。
 瞳の大きさもそろっています。





なお、この子のコロナウイルス抗体価は当初800倍で猫伝染性腹膜炎(FIP)を心配しましたが、治療後は400倍に落ちました。一安心でした。
現在は去勢手術も終え元気に過ごしています。

飼主様に役立つ情報はこちら


ejima_ac at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!