Blog

 

サイトマップへ

2012年07月14日

シャンプー後の目の障害: その発症と予防対策 3 - 2012年07月14日

ご訪問いただきありがとうございます。  (当ブログで文章が見にくい方は、「互換表示」をONにして下さい。)

今回は、最後の第3弾、シャンプー後の目の障害: その発症と予防対策 3 です。
ペットのシャンプー
 前〃回の記事 で、
 シャンプー後の角膜(かくまく)障害 〔角膜潰瘍(かくまくかいよう)〕 は、
 1.犬側の問題
 2.シャンプーのやり方の問題と 述べました。



今回はこの中の シャンプーのやり方 について簡単に触れてみます。
 ■ 丁寧なシャンプーを心掛け、乱暴なやり方はしない。
    ・ 目周り、耳周り、口や鼻周りは丁寧に行い、ゴシゴシやり過ぎてシャンプーなど入ったりしないように。
    
 ■ 一通りシャンプーが終わったら、お湯ですすぎます。
    ・ お湯ですすぐ際も丁寧に行い、目、耳、口、鼻などに入らないように。
      タオルで丁寧に拭き上げるのも良いですね。
    ・ 体の方はシャワーの蛇口を地肌に軽く押しつけるようにするときれいにすすげます。
      特に、両腋、両股、各指の間(パッドの谷間)は落ちにくいので、シャワーの口を押しつけて入念に。
   
 ■ ふつうドライヤーで乾かすと思いますが、目周りはタオルで拭き上げるだけにするか、使うなら
   冷風の方がいいでしょう。

    ・ タオルで拭き上げる場合は丁寧に行い、目の表面(角膜)をこすらないように注意してください。
    ・ ドライヤーを使う場合は、静〜弱風にし、顔正面からではなく、後(うしろ)から風を当て、
      目に直接当たらないようにする。
    ・ 温風ではなく、冷風の方が目には優しいと思います。

シャンプーのあと、目をショボショボさせるような場合は、このシリーズで紹介した『シャンプー後角膜潰瘍』が起こっているかもしれません。このような場合には日を追う毎にひどくなることが多いようです。
心配な時は眼科に詳しい病院にご相談下さい。
     当院: アクセス TEL 042−349−7661 FAX 042−349−7662 

シャンプー後角膜潰瘍が良くなったあとは、ドライアイのチェックや角膜保護のための点眼をふだんからやるようにされるといいでしょう。散歩前後の目薬もいいと思います。
今回のような子の場合は、シャンプー前に保護のために眼軟膏を付ける方法もお勧めです。

          ・ シャンプー後の目の障害: その発症と予防対策 2 - 2012年07月01日
          ・ シャンプー後の目の障害: その発症と予防対策 1- 2012年06月11日
          ・ シャンプー時のトラブル: 角膜潰瘍(犬) - 2011年02月11日
          ・ シャンプーの時、傷つきやすいのはこんな目! ご注意を!! - 2010年12月25日
          ・ 猫で初めて! シャンプー後・角膜潰瘍 - 2010年05月13日
          ・ 1ヶ月治療しても治らない角膜の傷 - 2009年10月30日
          ・ シャンプーの後の目の障害(角膜潰瘍、Corneal Ulcer) - 2009年08月11日
          ・ 目が痛いよ〜、またまた、シャンプー後の目の障害 - 2008年12月05日
          ・ シャンプーに関連した角膜潰瘍の事例 - 予防のヒント - 2008年06月30日
          ・ シャンプー時に気をつけていただきたい、2点! - 2008年04月28日

なお、高齢な子で心不全がひどいとシャンプー中に倒れることもあります。注意してください。
          ・ シャンプー時に気をつけていただきたい、2点! - 2008年04月28日


ejima_ac at 06:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!