Blog

 

サイトマップへ

2011年08月12日

柴犬コロくんの強烈な内反症(Entropion) - 2011年08月12日

ご訪問いただきありがとうございます。

下の写真は、柴犬コロくんの右目の内反症(ないはんしょう Entropionの治療(手術)後の所見です。
右眼下まぶたの内反症 矯正術後の状態 
 下側のアイラインは矯正され、
 中に巻き込まれることはありません。
 目はパッチリ開けられるようになり、
 痛みからは解放されています。



 58*00 KMR KOR

この子は、瞼(まぶた)が内側に巻き込む、先天性の内反症(ないはんしょう Entropionのため、ずっと痛い思いをしてきました。瞼(まぶた)付近の毛が目の表面(角膜や結膜)に当たるので、痛みやキズなどの症状が出ます。
痛みのために目をつぶるのですが、そうすると、ますます痛くなり、さらに強く目をつぶります。
抜け出せない悪循環で、痛みから解放されることはありません。とても可哀想です。

下の写真は、初診時のものです。
右目 下まぶたの内反症 矯正術前の状態 
 下まぶたをかなり強い力を入れて手引っ張らないと
 めくれません。それでもまぶたの一部はめくれ込んだままです。
 目の表面にはキズもついています。
 治療には手術でのアイラインの矯正が必要でした。






 58*00 KMR KOR

痛みがとれたことを、飼い主の方はとても喜んでおられました。
なお、この術式についてはまた別の機会に紹介したいと思います。ポイントは、下瞼(したまぶた)部と外眼角(がいがんかく)部の2ヵ所です。


ejima_ac at 06:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!