Blog

 

サイトマップへ

2010年09月07日

『秋のペット眼科検診』を受けてみませんか? - 2010年09月07日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

まだまだ残暑は厳しいですね。
でも、朝や夜、風がある時は過ごしやすさが出て、虫の声も重なるともう初秋だなぁ〜と思いますね。

先日の診療中、
『うちの子はもう8齢になって、目には特に問題は感じないけど、念のため診てもらった方がいいでしょうかね!?』
と仰る飼い主様がおられました。
そこで、さっそく眼科検査をしてみると、白内障が見つかり、予防をやっていただくことになりました。

飼い主の皆様、この秋、家族の一員である『我が家のペット』の眼科検診を受けてみませんか?
点眼中の愛犬ライカ  毎日顔を合わせている割には、
 アイコンタクトをとっている割には、
 目のことは見過ごしていませんか?










『目は口ほどに物を云い』なんていいますが、なるほど目には、目の病気だけでなく、全身病の兆候も現れることがあるんですよ。

検査では次のようなエリアを診て、以下のようなことがわかります。
  ・ 目の表面では、傷、破れるなど、また、赤目、充血、感染、瞼(まぶた)の異物、できもの、目の硬さなど、
  ・ 目の中では、ひとみの大きさ、にごり、腫(は)れ、緑内障(りょくないしょう)、目の中の出血など、
  ・ 水晶体では、白内障(はくないしょう)、水晶体のずれなど、
  
さらに詳しい検査が必要な場合は、
目の奥の眼底なども検査することができます。
  ・ 目の奥では、網膜剥離(もうまくはくり)、網膜出血(もうまくしゅっけつ)、
    ちょっと専門的な言葉になりますが、
    視神経炎(ししんけいえん)、網膜変性(もうまくへんせい)など、
   (このような病気では視力低下や失明がみられます)

予防のこと、治療のこと、見えているかどうか、治療でまた見えるようになるかどうかなど、色々のご相談如何でしょうか?!

 下記もご参照ください。
   ・ アイチェックの頁
   ・ 眼科診察室の頁


ejima_ac at 16:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!