Blog

 

サイトマップへ

2010年01月

冬の青い鳥 ルリビタキ(瑠璃鶲)♂ - 2010年01月31日

ご訪問いただきありがとうございます。

今回は冬の青い鳥ルリビタキです。
山中湖近くのフィールド。
日本では、亜高山帯で繁殖し、寒くなると低地に移る。
雄は頭、頬、背、尾などに綺麗な瑠璃色(るりいろ)の羽を持つ。

 ルリビタキ♂
 湧水に。
ルリビタキ D2Xs

 横枝にも。
ルリビタキ D2Xs

 苔むす根っこにも。
ルリビタキ D2Xs
 
 大きな枝にも。
ルリビタキ D2Xs
青、白、柿色の綺麗な野鳥です。


昨年のルリビタキは標高2000mほどの高地(亜高山帯)でした。
 ・ルリビタキ(瑠璃鶲) - 2009年07月07日


ejima_ac at 06:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

ご紹介受け用のPDFフォーマット - 日頃からよくご紹介を受けます。 - 2010年01月27日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

私どもの病院では、ホームページ内の『診療のご案内 medicals』『他院からの紹介・他院への紹介』の中に、ご紹介受け用のPDFフォーマットなどを準備しています。

  紹介状類 (ダウンロード してお使いいただけます)  
 紹介状類
   当院への紹介診療や希望診療に当たってこの紹介状が必須というわけではありません。

これは、日頃から他の施設(大学病院や一般の動物病院など)から比較的よく患者様のご紹介を受けることが多く、診療の流れがスムーズにいくように準備しているものです。その際にはよくご利用いただいています。
やはり多いのは眼科系疾患に関するものですが、色々な診療領域にまたがっています。

ご紹介のきっかけは、
 ・ 最初から眼科系の専門病院を・・・とご紹介をうけるケース、
 ・ 飼主様がご自分で口コミやインターネット検索で探してご来院されるケース、
 ・ 治療を施されたがあまりうまくいかず、ご紹介を受けるケース、など
さまざまですね。

ejima_ac at 13:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

冬の赤い鳥 ベニマシコ(紅猿子)♂  - 2010年01月23日

ご訪問いただきありがとうございます。

冬の赤い鳥、ベニマシコ♂ 横からの朝日を受けて・・・。 
 何か食べ物を咥えていますね。
 ちょっと離れた所にいた♂、ヒラヒラと飛んできて近いところの葦に留まってくれました。
ベニマシコ♂  D2Xs

09年、08年のベニマシコはこちらです。よろしければ・・・ 
 ・ ベニマシコ(紅猿子)♀ - 2009年03月02日
 ・ 赤い鳥 ベニマシコ(紅猿子) - 2008年03月01日

ejima_ac at 13:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

謎が残る犬の結核症 - 皆さん、経験あります? とても希、と思います - 2010年01月17日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

3年3ヶ月程前、最初は目が赤いということで紹介されてきた子がいました。
ブドウ膜炎(赤目など)や角膜の白濁などの臨床診断の元、治療を始めましたが、ブドウ膜炎については時々再発を繰り返すという流れでした。

ある日、40℃の高熱(最高 40.8℃の時も)を出し、元気・食欲はなく、口元や足下の皮膚はただれ、立ってもフラフラする異様な症状、血液所見では、白血球数の増加、貧血、肝障害など。
レントゲン所見では、下の写真のような脾腫(脾臓の腫れ)が顕著でした。

  点線で囲ったエリアが大きくなった脾臓(脾腫)です。
 犬の結核症 点線で囲ったエリアが大きくなった脾臓  SNY - T90 

そこで、過去の血液検査データを見直すと、白血球数は一貫して高く、貧血は3回、肝障害も1回みられていました。
今回の高熱に対して、解熱剤は比較的よく反応し、熱が下がると割と元気になり、食欲も出てきます。病状の良い、悪いの差が大き過ぎて驚かされます。
一方、抗生剤や強肝剤にはあまり反応せず、白血球数はなかなか正常化しません。
今までにも突発的にこのような症状を繰り返していると飼い主様は仰っていました。

病状の改善が期待できないことから大学病院を紹介され、脾臓のバイプシー検査で結核菌が検出されました。
色々調べた結果、この子の肺には結核菌はみられず、おそらく、人や他の犬への空気感染はないだろうということでした。最終的な報告では、ヒトに感染する結核菌のタイプではないということが分かりました。

治療の途中で、対症療法の一つとして脾臓の摘出を考えたことはありましたが・・・、実施していればまた違った流れになっていたかもしれません。本当にたくさんのことを教えられたケースでした。犬や猫の結核は人から移されるパターンが多いようですが、家人はどなたも陰性でした。
この子はいつ、どこで、誰からこの菌をもらったのでしょうか・・・? 謎が残ります。

ejima_ac at 17:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

早朝のソシンロウバイ - 2010年01月11日

ご訪問いただきありがとうございます。

今の時期咲き始めた早朝のソシンロウバイ。
ちょっとツンとくる、強い、いい香りで撮影していても気持ちいいです。
車で15分ほどの地元の広大な K公園の一角にあります。
この冬、雪を絡められるといいなぁ、なんて思っているんですが、このカラカラ空気では望めないかも・・・。

ソシンロウバイ 7D

ソシンロウバイ 7D

ソシンロウバイ 7D


以前のソシンロウバイは、Photo 探検隊 Part掘福腺娃検殖隠押殖横供 - 2009年01月11日のところで紹介しています。よろしければ・・・。

ejima_ac at 06:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

飼い主の方々に役立つ情報あれこれ 2010冬編 - 2010年01月04日

ご訪問いただき、ありがとうございます。                        〔〜09(H21)1225〕

当ホームページでは、飼主様にとって 『役に立つ、わかりやすい』 をモットーに情報作りを心掛けております。
 団欒
  今回、『飼い主の方々に役立つ情報あれこれ 2010冬編』 と
  して再整理しました。どうぞ、ご利用ください。





    
     



診察/観察・健康診断系
 力を発揮するWebカメラ - 2009年12月25日
 飼主様が動物病院に求めるものは何だろうか? と時々考えさせられます - 2009年12月05日
 開業医に求められる初期治療という専門性 - 2009年09月30日
 発揮すべきは“診断の精度” - 2009年05月03日
 愛犬ライカの健康診断を行ないました。 - 2007年12月14日

眼科・手術系
 チェリーアイ手術 Cherry Eye Surgery - 2009年10月14日
 角膜フラップ手術の考え方 - 2009年06月29日
 ここのところ白内障手術(Cataract Surgery)が多いですね - 2009年06月01日
 チェリーアイ、3度目の正直 - 2008年10月19日
 眼科の手術にはどんなものがあるの? - 2008年07月09日
 Q:白内障手術後に、ペットの目が再び見えなくなることはありますか?- 2008年01月13日
 白内障の手術を希望される方は増えています。(Case)
 チェリーアイ(犬と猫) (Case)
 
眼科・一般系
 飼主様の疑問に答える: 目を痛がってるとは、どんなところでわかるの? - 2009年11月27日
 たまたま話していたことがほんとになってしまったドッグランのリスク - 2009年11月17日
 1ヶ月治療しても治らない角膜の傷 - 2009年10月30日
 白内障をそのままにしておくリスクとは・・・ - 2009年08月26日
 飼主様のための獣医学 - 高眼圧症治療薬、最新のトピックス - 2009年08月04日
 ペットの緑内障ってこんな意味で緊急疾患です - 2009年05月24日
 院長の眼科ケアなエッセイ、この2年と3ヶ月 - 2009年04月09日
 『症状が似て否なる病気』 は困ったもの - 2009年01月27日
 糖尿病性白内障  - 2008年08月08日
 目の三大病 なみだ焼け・結膜炎・白内障 in いぬのきもち誌 - 2008年04月05日
 Q:ペットの白内障とは?- 2008年01月21日
 院長のエッセイ(眼科ケア誌)、この1年- 2007年12月19日
 白内障体感レンズ
 角膜潰瘍の症例(Case)
 ブドウ膜炎
 急性緑内障(Case)
 ひとことケア(5) 緑内障

トラブル-事故
 輪ゴム - 2009年07月29日

熱中症
 熱中症にご用心! - 2009年07月04日
 暑さにご用心! - 2008年05月31日
 もう夏日出現、熱中症の対策を忘れずに! - 2008年04月30日
 熱中症の予防と対策

強制給餌
 チューブ フィーディング(Tube Feeding) - 2008年04月19日

肥満関連
 肥満とそのコントロール4 - 2008年09月12日
 肥満とそのコントロール3 - 2008年09月07日
 肥満とそのコントロール2 - 2008年09月01日
 肥満とそのコントロール1 - 2008年08月28日 
 去勢・避妊手術後に肥満は起こるの? そのリスク対策法はあるの?
 愛犬の肥満対策プログラム

シャンプー時の注意点
 シャンプーの後の目の障害(角膜潰瘍、Corneal Ulcer) - 2009年08月11日
 目が痛いよ〜、またまた、シャンプー後の目の障害 - 2008年12月05日
 シャンプーに関連した角膜潰瘍の事例 - 予防のヒント - 2008年06月30日
 シャンプー時に気をつけていただきたい、2点! - 2008年04月28日

皮膚病
 最強の皮膚病、アカラス(ニキビダニ症、毛包虫症、デモデックス症) - 2008年11月23日

尿からわかること
 猫のおしっこ - 2008年10月11日

歯石
 歯石を取る第一の目的は・・・ 『姫ちゃんは可愛いけど、口が臭いのよね〜』 - 2008年10月06日

ペットを飼われるに当たって
 まるでSFの世界 - ペットの個体識別 - 2009年10月23日
 ペットを入手したところ・・・・ - 2009年02月15日
 ふだんの診療で気になること - 終末医療 - 2008年07月19日
 ペットは生き物! - 2008年06月04日
 初めてペットを入手しようとされるあなたへ - 2008年05月27日

ペットとの生活
 ペットに薬を上手に与えるには・・・ - 2009年09月21日
 緩和ケア - 2009年07月18日
 ペットの付加価値 - 2009年03月10日
 雑種専用フードなんてのも出るか? - 2008年10月23日
 聴診器をあててもらってよかったね〜。 - 2008年10月15日
 犬のつられあくび - 2008年08月18日
 病院事情あれこれ・・・MRからの声 - 2008年08月12日
 ドッグランのリスク - 2008年08月05日
 もしかして、ペットへの差別? 3 - 2008年08月02日
 もしかして、ペットへの差別? 2 - 2008年07月29日
 もしかして、ペットへの差別? - 2008年07月27日
 ペットの血液型ってどんなことに役立つの? - 2008年07月15日

予防・保護系
 エリザベスカラーを付けるのはかわいそうですか?! - 2009年10月07日
 当院オリジナルのフィラリア予防と狂犬病予防のDM、郵送始まる! - 2009年03月18日
 スプリング ハズ カム!! 春は予防の季節 - 2009年03月01日
 エリザベスカラー  - 2008年06月22日
 残念、出てしまいました!! 犬フィラリア 弱陽性所見 - 2008年04月09日
 フィラリア予防シーズン到来 ! - 2008年04月01日
 犬や猫にタマネギ類は与えない方がいいでしょう!  - 2008年03月04日
 ノミ・ダニの予防(ヒフ病の予防欄参照)
 フィラリア症の予防(猫・犬)[予防欄参照]

ワクチン系
 混合ワクチン接種、おすすめします。 - 2008年07月25日
 当院では狂犬病予防ワクチンは通年でいつでも受けることができます - 2008年07月22日
 狂犬病ワクチンの接種と登録

検査系
 好酸球(こうさんきゅう Eosinophil、Eosinophilic granulocyte) - 2009年06月07日
 発揮すべきは“診断の精度” - 2009年05月03日
 動物病院のサンプルサーベイ(血液検査・ 精度管理)2 - 2009年02月06日
 これは何?  聴く- 2008年06月13日
 これは何?  たたく器具- 2008年06月07日
 血液による腫瘍マーカーの検査 - 2008年03月31日
 動物病院の血液検査・ 精度管理 - 2008年03月29日

産科・繁殖系
 去勢、不妊、どっちがどっち?  - 2008年02月17日
 お産 - 命の誕生 - 2007年12月15日

糖尿病
 糖尿病性白内障2 - 2008年10月01日

麻酔・手術系
 難治性外耳炎からの解放 - 自己組織の移植手術による外耳道の再建 - 2009年11月08日
 角膜フラップ手術の考え方 - 2009年06月29日
 飼主の方々に役立つ情報 - 手術(Surgery) - 2009年04月23日 
 その手術は難しいですか? - 2009年04月13日
 銀×眼科の報道が示すもの - 2009年03月26日
 当院で扱う外科手術 - 2009年02月24日
 自己(自家)移植 Auto-transplantation - 2009年01月17日
 脊髄軟化症 - 2008年12月16日
 『受けさせてあげたいんです』という言葉 - 2008年11月07日
 空気亜鉛電池 - 2008年08月23日
 痛みをとる、痛みを軽減する - 2008年07月07日
 絹糸の過剰反応 - 2008年05月10日
 より安全な麻酔管理をめざして - 2008年03月20日
 半導体レーザー手術

知識の泉
 ついに出会えました きれいなハートマークの猫 ミューくん  - 2009年12月15日
 職場体験学習、今年も受け入れました。 - 2009年7月6〜8日 - 2009年07月10日
 動物医療における重要な前進 - 犬の肥満細胞腫用抗ガン剤 - 2009年06月17日
 サウンダース 小動物臨床 第3版 - 2009年06月11日 愛鳥週間 5月10日〜16日 - 2009年05月09日
 新スタッフ - 2009年04月03日
 給与から税金が引かれない国、ドバイ - 2008年11月15日
 輸血について、お知り合いの先生からの電話が・・・。 - 2008年09月21日
 動物のお医者さん - 獣医師 DVM: Doctor of Veterinary Medicine - 2008年07月13日
 職場体験学習、今年も受け入れました。 - 2008年07月11日
 ペットによる癒し効果 - 2008年04月10日
 アイ*コンタクト度  Eye contact degree - 2008年03月15日
 ヘリコ  ヘリコバクター・ピロリ- 2008年01月09日
 ひとことケア(4) てんかんは前もって自覚できる場合がある?!
 ひとことケア(3) ペットの遺伝子診断 盲導犬の確保に応用か?!
 ひとことケア(2) 唾液には鎮痛作用もある
 ひとことケア(1) ジェネリック医薬品

ejima_ac at 06:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

2010年、新年明けましておめでとうございます・・・飛び立ちのキセキレイ - 2010年01月01日

ご訪問いただきありがとうございます。

新年明けましておめでとうございます。
昨年は色々なところで新旧交代の年となりました。果たして今年はどんな年に・・・。
今年一年が皆様と皆様が愛するペットにとって幸多き年でありますよう願っております。

   雪の中のキセキレイ(飛び立ち)
  迎春 平成22年 雪の中のキセキレイ D300

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

08(H20)年にアップしたキセキレイは、
キセキレイ(黄鶺鴒) - 2008年11月18日 です。よろしければ・・・。

ejima_ac at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!