Blog

 

サイトマップへ

2009年10月

1ヶ月治療しても治らない角膜の傷 - 2009年10月30日

ご訪問いただきありがとうございます。

今日、初めての方からご相談のお電話をいただきました。お知り合いの獣医師からのご紹介でした。
1ヶ月の間、目(角膜の傷)の治療をしているけど、ひどくなるばかりで治らないんですとのこと。
ショボショボして目の表面(角膜)を痛がっているようです。
目を痛がる!!
  ・原因に思い当たる節はなく、初めての症状、
  ・新生血管が出ていない、
  ・色々な治療(自己血清点眼など)をするが、
  ・傷は広がるばかりで良くならない、

とのご相談でした。難治性角膜潰瘍に入る病態と思われます。
難治性角膜潰瘍は色々な要因で起こりますが、今回のご相談の中では、次のようなことがポイントになると思います。
 1.原因に思い当たる節はない
 2.自力で治そうとする血管反応は出ていない
 3.内科的な治療をしていても治らない、あるいは治りにくい
といった事でしょうか。

通常の単純な傷なら治るものです。
でも、そうはならないところがこの病気の特徴と言えば特徴で、中でも最大の特徴は、2.の 『自力で治そうとする血管反応は出ていない』 ということです。

このようなケースでも、中には目薬や飲み薬での治療中に新生血管が出始め、治るケースも少なからずあります。でも、多くは治りにくいようです。そのような場合には、手術に踏み切るようご説明致します。
手術に当たっては、その適応かどうかを見極めることが大切です。角膜の手術となるんですが、当院では顕微鏡下にてのマイクロサージェリーとなります。この手術の詳細は省きますが、先ず治りますよ。多くは、術後数日から1〜2週の内に治ってしまいますが、稀に、4週間ほどかかる子もいます。個体差があるようです。
なお、当院のケースで、手術をして治らなかったものはありません。

※:難治性角膜潰瘍には、今回のような上皮剥離(はくり)性と思われるもののほか、ドライアイ(神経性を含む)シャンプーによるものなどもあります。


ejima_ac at 21:30 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

カワセミ(翡翠) - 2009年10月28日

ご訪問いただきありがとうございます。

 カワセミ
カワセミ 1D掘

池の淵ぎりぎり、水面の高さにできるだけ近く、カメラを低く据えて・・・。
イメージに近い飛び立ちのカットを撮れました。
飛んだと思った瞬間にシャッターを切ったんですが、一呼吸遅かった感も・・・。
でもそれでも良かったような・・・。
もう少し経つと秋色をより取り込めるかなぁ、と思ってます。

今年(09年)1月にもカワセミをアップしています、よろしければ・・・。

ejima_ac at 21:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

まるでSFの世界 - ペットの個体識別 - 2009年10月23日

ご訪問いただきありがとうございます。  

次世代(個体識別+体温測定機能)のペット(犬、猫、うさぎなど)用のマイクロチップであるライフチップ バイオサーモを導入致しました。
写真は啓蒙用ポスターの中の一文です。なかなかの妙案のように思います。

 マイクロチップ啓蒙用ポスターから 

欧米ではすでに広く使用されているシステムです。ペットを海外へ連れて行く場合には、国によってはこれが義務化されていたり、あるいは、付けていかなくてもOKな国であったとしても、日本への帰国時に入国できないなど支障が出たりする場合もあり、あらかじめ付けていった方が良いと言いますか、付けていくべきですね、といった状況が広がりつつあると思われます。
日本でも導入され始めてはいましたが、普及は現在進行形といったところでしょうか。

今回、当院でも導入に踏み切りました。
まるでSFの世界ですね。個体識別と言えば、血液型(赤血球型、白血球型、血清型など)や遺伝子のDNA型などが個体標識として定着していますが、電子識別器具(マイクロチップ)を皮下に挿入してそれに替えようというわけです。
ペットの血液型やDNA型も研究はされていますが、実用性のあるところまではいっていないと思いますので、現状ではマイクロチップはとても有用性の高い識別方法と言えるでしょう。

次世代型マイクロチップ  左写真の白楕円で囲った小さな棒状(2mmx13.5mm)
 の機器がマイクロチップです。
 これを皮下に挿入します。
 体内を移動することはありません。

 災害時や保護された時でも下記の身元情報がわかりま
 す。
 ・ 飼主氏名、住所など
 ・ ペットの名前、品種、性別、住所など


加入している動物病院等を介して、インターネット検索などできます。飼主個人でのアクセスはできません。

ID番号に基づく個体・身元情報は、個人情報保護法に対応した動物ID普及推進会議(AIPO)で管理されています。
ご希望の方は、当院スタッフまでお尋ねください。

ejima_ac at 16:31 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

秋のノビタキ - 2009年10月19日

ご訪問いただきありがとうございます。

 ウドの茎にとまるノビタキ。
ノビタキ

プラス朝露のカットも撮りたいなぁ、いつか・・・。

今までのノビタキは以下の通りです。
 ・ ノビタキ巣立ち雛 - 2009年07月14日
 ・ ノビタキ on レンゲツツジ - 2009年06月30日
 ・ ノビタキ(野鶲) - 2009年05月30日
 ・ 秋のノビタキ - 2008年10月09日

ejima_ac at 04:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

チェリーアイ手術 Cherry Eye Surgery - 2009年10月14日

ご訪問いただきありがとうございます。  (当ブログで文章が見にくい方は、「互換表示」をONにして下さい。)

最近の当院ブログへのアクセスの中で、チェリーアイでのアクセス数が一番多かったので、再度取りあげてみました。
昨年のチェリーアイ、3度目の正直 - 2008年10月19日 にも述べましたように、この病気は手術で治すことができます。
この病気の手術に当たって注意すべき点が2つあります。
 1.切り取らないこと。
 2.元の位置に戻すこと。
です。
今回は、タイトルにあるように『手術』ですので、簡単に手術の流れについて紹介してみます。 (50*24 kmymSL)

左目のチェリーアイ左目のチェリーアイ。
押し込んでもすぐに出てきます。
手術をすることになりました。


チェリーアイの観察手術中。
瞬膜を反転させ、
チェリーアイを
観察。






切開を加えたところ瞬膜腺の部分に沿って切開を加えます。





瞬膜腺を確認します剥離して瞬膜腺を
確認。









元に戻すための糸をかける瞬膜腺と目の脇の奥深い部分(眼周囲結合組織束)に糸をかけます(ここがこの手術の最大のポイントです)。
この糸を結び、縛り込むと出ていた瞬膜腺は自然と奥へ収まっていきます。


戻し終わり、粘膜を内半縫合切開した粘膜組織を
内反(ないはん)縫合したところ。
出ていた瞬膜腺は
きれいに矯正されています。





術後2日目術後2日目の所見です。
まだ少し赤いですが、再発はありません。
その後も数ヶ月間にわたり経過観察中ですが、再発はありません。

ejima_ac at 15:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

ウォーターポピー - 2009年10月11日

ご訪問いただきありがとうございます。

昨年行ったホテイアオイの場所は、今年はウォーターポピーで一杯でした。

 紫のホテイアオイはほんのちょっぴり。
ウォーターポピー 1D掘

ウォーターポピー

ejima_ac at 13:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

エリザベスカラーを付けるのはかわいそうですか?! - 2009年10月07日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

写真はタイトルと関係ありませんが、うちの愛犬ライカです。ベッドで横になっています。ライカ人形(ちなみにカメラを背負ってます)を前に置いて撮っています。
愛犬ライカ人形とバックは本人(犬?)

可愛いペットとの時間は楽しいものですね。このような可愛い子が嫌がることも時としてはしなければならないというのはつらいものです。
診療の中では、薬を飲ませることやエリザベスカラーを付けるなどのことがあります。エリザベスカラーの記事はずいぶん前に書きましたが、このエリザベスカラーをすんなりと付けさせてくれるペットは少ないですね。

ふだんからこんなものを付けての生活なんてしてないわけで嫌がるのも無理はないでしょう。飼い主様からも『とても嫌がっている、何かかわいそう、ガサガサとうるさい、あちこち当たって歩きにくそう、固まってしまう、水を飲めないなど』、さまざまな苦情(?)が入り、『もうはずしたい、取ってあげたい』と言った声が聞こえてきます。
でも、傷口の保護(治療)のためには、『この時期はどうしても必要なんですよ』と説得します。

薬を飲ませることについては、先月のペットに薬を上手に与えるには・・・ - 2009年09月21日 の中でも触れましたが、これもなかなか大変な時がありますね。
このような可愛いペットが嫌がることをしなければならいことは、飼主様にとってはつらい作業となりますが、『治療のためと割り切る勇気』がいりますね。
           ・ エリザベスカラーは何のために付けるんでしょうかねぇ? - 2010年03月06日
           ・ 目を保護する器材 ゴーグル  - 2010年02月15日
      

ejima_ac at 20:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

ミユビシギ(三趾鷸) - 2009年10月03日

ご訪問いただきありがとうございます。

前回の海のダイサギに続いて、今回はミユビシギです。
誰もいない早朝の浜辺でしばらく待っていると、ミユビシギが現れました。

ミユビシギ

 バックの海は太平洋・・・
ミユビシギ

 何とも素早い動きです。
ミユビシギ

 波打ち際で採餌する姿は皆、一心不乱という感じで、何とも一生懸命な姿でした。
ミユビシギ

 嘴を突っ込んで掘り起こされた跡がたくさん・・・
ミユビシギ

前回の海のミユビシギは、『ミユビシギ(三趾鷸) - 2009年04月05日』に掲載しています。

ejima_ac at 21:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!