Blog

 

サイトマップへ

2009年10月14日

チェリーアイ手術 Cherry Eye Surgery - 2009年10月14日

ご訪問いただきありがとうございます。  (当ブログで文章が見にくい方は、「互換表示」をONにして下さい。)

最近の当院ブログへのアクセスの中で、チェリーアイでのアクセス数が一番多かったので、再度取りあげてみました。
昨年のチェリーアイ、3度目の正直 - 2008年10月19日 にも述べましたように、この病気は手術で治すことができます。
この病気の手術に当たって注意すべき点が2つあります。
 1.切り取らないこと。
 2.元の位置に戻すこと。
です。
今回は、タイトルにあるように『手術』ですので、簡単に手術の流れについて紹介してみます。 (50*24 kmymSL)

左目のチェリーアイ左目のチェリーアイ。
押し込んでもすぐに出てきます。
手術をすることになりました。


チェリーアイの観察手術中。
瞬膜を反転させ、
チェリーアイを
観察。






切開を加えたところ瞬膜腺の部分に沿って切開を加えます。





瞬膜腺を確認します剥離して瞬膜腺を
確認。









元に戻すための糸をかける瞬膜腺と目の脇の奥深い部分(眼周囲結合組織束)に糸をかけます(ここがこの手術の最大のポイントです)。
この糸を結び、縛り込むと出ていた瞬膜腺は自然と奥へ収まっていきます。


戻し終わり、粘膜を内半縫合切開した粘膜組織を
内反(ないはん)縫合したところ。
出ていた瞬膜腺は
きれいに矯正されています。





術後2日目術後2日目の所見です。
まだ少し赤いですが、再発はありません。
その後も数ヶ月間にわたり経過観察中ですが、再発はありません。


ejima_ac at 15:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!