Blog

 

サイトマップへ

2009年01月

『症状が似て否なる病気』 は困ったもの - 2009年01月27日

ご訪問いただきありがとうございます。

今はやりのインフルエンザ、風邪とは違う病気。
きちんと診断してもらうことが必要ですけど、症状が似て否なる病気は、対応がやっかいですね。
動物病院でもそのようなことがあります。例えば、目の病気の中では、それが失明につながるか否かという時は特に深刻です。

当院で比較的よく見かける似た病気としては結膜炎緑内障でしょうか。確かに一部の症状が似ているんですね。共通項は『目が赤い』ということでしょうか。
でも、その赤さの機序は全く違うもので、所見も違います。赤くなるというのはその部に炎症が起きて血流量が増えていることを示しますが、どこの血管の血流量が、どのような機序で増えているのかを考えなければなりません。

パッと見て赤いから、これは結膜炎、これは緑内障ということではなく、詳細にその裏の見えていない部分を考えることが大事だと思います。そうしないと、誤診につながりかねません。


ejima_ac at 09:46 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

カワセミ 翡翠 - 2009年01月23日

ご訪問いただきありがとうございます。

構造色を持つカワセミは、『水辺や渓流の宝石』とも形容されますが、シャボン玉やコンパクトディスクが角度によって様々な色に見えるのと同じ原理を持っていて、光の加減で青く見える言われています。漢字での表記が翡翠(ヒスイ)となるのはこのことに由来するようです。

カワセミ D2Xs

カワセミ D2Xs

カワセミ D300

カワセミ D2Xs

カワセミ D300

カワセミ D2Xs

☆☆。,:*:・'゜☆★゜'・,:*:,。,:*:・'゜☆。:'・,:*:・'゜☆。,:*:・'゜★☆。,:*:・'゜★☆゜'・:*:,。,:*:・'゜☆ ☆
カワセミの小話: ブッポウソウ目、カワセミ科、カワセミ亜科、カワセミ属、カワセミ種
♀の下側のくちばしは赤く、上下とも黒い♂とは区別しやすい。
不つり合いな位大きな嘴は、土手に巣穴をつくる時にも役に立つようです。
つがいとなった親鳥のカワセミは土手に向かって突撃し、先ず足場を作り、そこからくちばしと足を使って横穴を掘るそうです。


ejima_ac at 07:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

自己(自家)移植 Auto-transplantation - 2009年01月17日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

どなたもご存じの心地よい“砂浜”、この砂浜は海とも陸地ともつかない、いわば両者の境界領域です。水と土、海と陸という全く異なる環境をつなぐものです。地域によっては断崖絶壁を介して海と陸が接する場所もありますが、このような所は波は荒く、風は強く、荒々しい環境となりやすく、人が住めるような穏やかな環境とはなりにくいものです。

体表の組織でも同じことがいえます。皮膚から粘膜へ、あるいはその逆でもいいのですが、境界領域といわれるエリアがあります。例えば、外耳道、眼瞼(アイラインの部分、まぶたと眼瞼結膜の境)、輪部(リンブ:角膜と白目[眼球結膜]の境)、鼻の入り口、唇、包皮粘膜、肛門といったところでしょう。

このような場所で手術を行う場合、本来の境界組織をうまく利用したり再建させる考え方が大事です。
今回は、アメリカンコッカースパニエルの子で、ひどい慢性の外耳炎の子の話ですが、長年の炎症や肥厚のため外耳道は閉じ、しかも外耳道全周囲がひどく骨化していました。もうこうなると内科的処置では治せません。

このような子に対して、垂直耳道全部と水平耳道の一部を切除せざるを得なかった訳ですが、耳の奥深くに残った水平耳道と頬の皮膚をつなぐ必要がありました。
無理に直接つないでも、皮膚の緊張で裂けたり、あるいはうまくいっても、発毛で再び耳道が塞がれたりするようではよくありません。

そのつなぎ目というか、境界部分にさて何を持ってこようかと色々と思案し、皮膚移植も考えましたが、最終的には、よりベターな方法として考えついたのが、この子自身の口腔粘膜を利用することでした。
手術はとても繊細で長時間かかりましたが、移植粘膜はうまく生着しました。耳からの分泌物もうまく排出することができてとてもうまく経過していると思います。

下の写真は、その子の横顔ですが、左は手術をした左側、右の写真は通常の右側の耳です。
 手術をした左耳                            通常の右耳
A3994 口腔粘膜-外耳道移植術B3994 通常の外耳道
 新しい耳道では自身の口腔粘膜を水平耳道と頬の
  皮膚のつなぎとして利用

 
このような境界領域の組織が必要だとする考え方で対処する手術として、代表的なものは、オス猫の尿閉に対する尿路再建術があります。ペニス部の包皮粘膜を生かし、術部の再癒着による尿閉やオシッコ焼けが起きないようにするために非常に有用な方法です。また、稀ですが、まぶたのアイラインの長さの1/3以上が欠損した場合に、目の保護を目的としたまぶたの再建術もあります。

いずれにしても自分の組織を利用しますので、組織適合性云々の話はなく生着しやすい手法ですね。でも移植時の組織の取り扱いには十分に注意しないと自己の組織とはいえ、生着に失敗する場合もあります。


ejima_ac at 14:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

Photo 探検隊 Part 3(〜08/12/26) - 2009年01月11日

ご訪問いただきありがとうございます。                      〜08(H20)1226

今までアップしてきました写真(Photo*RGB)やカメラについての記事を最初、今年の08年7月6日にPhoto 探検隊 Part 2としてまとめました。
今回はその後の写真を加えて、冬の Part 3としてまとめてみました。
動物病院情報とはちょっと距離がありますが、冬のひとときのご一服として如何でしょうか・・・。
 
  ソシンロウバイ
 ソシンロウバイ D2Xs

 2008(平成20)年
12月
  都のオシドリ - 2008年12月26日
  ジョウビタキ(常鶲、尉鶲)♂ - 2008年12月09日
11月
  カラスザンショウ(烏山椒、鴉山椒)にやってきた・・・ - 2008年11月28日
  キセキレイ(黄鶺鴒) - 2008年11月18日
  小春日和の満月 - 2008年11月13日
  イソヒヨドリ(磯鵯)♂ - 2008年11月11日
  10月
  トビ 鳶 - 2008年10月29日
  きれいな満月が出てるよ。 - 2008年10月16日
  今夜のお月さま - 2008年10月12日
  秋のノビタキ - 2008年10月09日
  9月
  高原でのシジュウカラ - 2008年09月30日
  コスモス - 2008年09月25日
  ホテイアオイ 布袋葵 - 2008年09月14日
  ヒバリ(雲雀、告天子) - 2008年09月09日
  ウミネコ(海猫)の飛翔 - 2008年09月03日
 8月
  セグロセキレイ 背黒鶺鴒 - 2008年08月31日
  夏の花 - 2008年08月26日
  スズメ - 2008年08月20日
  高原は少し秋の気配 - 2008年08月16日
  シジュウカラ 四十雀 - 2008年08月10日  
  トンボ - 2008年08月07日
  ウグイス 鴬、鶯 - 2008年08月04日
 7月
  アオサギ 青鷺 - 2008年07月30日
  カワラヒワ 河原鶸 - 2008年07月28日
  古代のロマン、大賀ハス  - 2008年07月26日
  高原のスイレン  - 2008年07月23日
  今夜の月 - 2008年07月17日
  スジグロシロチョウ 条黒白蝶 - 2008年07月16日
  カルガモ飛翔 - 2008年07月14日
  ヒマワリ 向日葵 - 2008年07月12日
  ツバメ 燕 - 2008年07月10日
  スズメ - 2008年07月08日
 6月
  ホオジロ(頬白)
  季節のアジサイ2
  季節のあじさい
  梅雨入り
  キジ(雉子、雉)
 5月
  葦原に咲く赤い花
  オオヨシキリの飛翔
  アマサギ
  オオヨシキリ(大葦切)
  おしゃれな出で立ちのキジバト(雉鳩)
  目とカメラ
  すずらん Lily of the valley
 4月
  クロップ高速モード
  終わりかけのソメイヨシノ
  季節のハナモモ
  季節の桜
  春のムクドリ(椋鳥)
 3月
  
  ドバト
  梅 真っ盛り
  再び、ハマシギ
  赤い鳥 ベニマシコ(紅猿子)
 2月
  ミコアイサ(神子秋沙、巫女秋沙)♂
  手に乗る野鳥 ヤマガラ  
  ハマシギ 浜鷸
  立枯れのネジバナ(?)
 1月
  ヒヨドリ
  モズ(百舌)
  ユリカモメ 都鳥
  都市公園の猫たち
  ガラス細工の獣医師人形

2007(平成19)年
 12月
  都会のオシドリ
  菰樽(こもだる) in 明治神宮
  クリスマス*イブの満月 2007(H19)年12月24日(月) 19:58:17
  私の写真と私の専門 オナガガモ♀♂
  犬の聴診: ペット診療のプロフェッショナルとしてのイメージ


ejima_ac at 07:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

飼い主の方々に役立つ情報 Part (〜08/12/16) - 2009年01月07日

ご訪問いただき、ありがとうございます。                        (〜08(H20)1216)
    アイコンタクト       音符


当ホームページでは、『役に立つ、わかりやすい』をモットーに飼い主の方々への情報作りを心掛けております。
最初、2008年01月30日に『飼い主の方々に役立つ情報』として整理しアップ致しました。
その後、少しずつ増えてきたアップ情報をご覧いただきやすいように項目毎に整理し、『飼い主の方々に役立つ情報 Part』としてまとめました。
どうぞ、ご利用ください。

処置
 チューブ フィーディング(Tube Feeding) - 2008年04月19日

肥満関連
 肥満とそのコントロール - 2008年09月12日
 肥満とそのコントロール - 2008年09月07日
 肥満とそのコントロール - 2008年09月01日
 肥満とそのコントロール - 2008年08月28日 
 去勢・避妊手術後に肥満は起こるの? そのリスク対策法はあるの?
 愛犬の肥満対策プログラム

シャンプー時の注意点
 目が痛いよ〜、またまた、シャンプー後の目の障害 - 2008年12月05日
 シャンプーに関連した角膜潰瘍の事例 - 予防のヒント - 2008年06月30日
 シャンプー時に気をつけていただきたい、2点! - 2008年04月28日

皮膚病
 最強の皮膚病、アカラス(ニキビダニ症、毛包虫症、デモデックス症) - 2008年11月23日

尿からわかること
 猫のおしっこ - 2008年10月11日

歯石
 歯石を取る第一の目的は・・・。 - 2008年10月06日

ペットとの生活
 雑種専用フードなんてのも出るか? - 2008年10月23日
 聴診器をあててもらってよかったね〜。 - 2008年10月15日
 犬のつられあくび - 2008年08月18日
 病院事情あれこれ・・・MRからの声 - 2008年08月12日
 ドッグランのリスク - 2008年08月05日
 もしかして、ペットへの差別? 3 - 2008年08月02日
 もしかして、ペットへの差別? 2 - 2008年07月29日
 もしかして、ペットへの差別? - 2008年07月27日
 ふだんの診療で気になること - 終末医療 - 2008年07月19日
 ペットの血液型ってどんなことに役立つの? - 2008年07月15日
 ペットは生き物! - 2008年06月04日
 初めてペットを入手しようとされるあなたへ - 2008年05月27日

予防・保護系
 エリザベスカラー  - 2008年06月22日
 暑さにご用心! - 2008年05月31日
 残念、出てしまいました!! 犬フィラリア 弱陽性所見 - 2008年04月09日
 フィラリア予防シーズン到来 ! - 2008年04月01日
 犬や猫にタマネギ類は与えない方がいいでしょう!  - 2008年03月04日
 熱中症の予防と対策
 ノミ、ダニの予防(medicals)
 フィラリア症の予防(medicals)

ワクチン系
 混合ワクチン接種、おすすめします。 - 2008年07月25日
 当院では狂犬病予防ワクチンは通年でいつでも受けることができます - 2008年07月22日
 狂犬病ワクチンの接種と登録

検査系
 これは何? - 2008年06月13日
 これは何? - 2008年06月07日
 血液による腫瘍マーカーの検査 - 2008年03月31日
 動物病院の血液検査・ 精度管理 - 2008年03月29日

産科・繁殖系
 去勢、不妊、どっちがどっち?  - 2008年02月17日
 お産 - 命の誕生 - 2007年12月15日

糖尿病
 糖尿病性白内障2 - 2008年10月01日

眼科系
 チェリーアイ、3度目の正直 - 2008年10月19日
 糖尿病性白内障  - 2008年08月08日
 眼科の手術にはどんなものがあるの? - 2008年07月09日
 目の三大病 なみだ焼け・結膜炎・白内障 in いぬのきもち誌 - 2008年04月05日
 Q:ペットの白内障とは?- 2008年01月21日
 Q:白内障手術後に、ペットの目が再び見えなくなることはありますか?- 2008年01月13日
 院長のエッセイ(眼科ケア誌)、この1年- 2007年12月19日
 白内障体感レンズ
 白内障の手術を希望される方は増えています。(Case)
 角膜潰瘍の症例(Case)
 ブドウ膜炎(Case)
 チェリーアイ(犬と猫) (Case)
 急性緑内障(Case)
 ひとことケア(5) 緑内障

健康診断系
 愛犬ライカの健康診断を行ないました。 - 2007年12月14日

麻酔・手術系
 脊髄軟化症 - 2008年12月16日
 『受けさせてあげたいんです』という言葉 - 2008年11月07日
 空気亜鉛電池 - 2008年08月23日
 痛みをとる、痛みを軽減する - 2008年07月07日
 絹糸の過剰反応 - 2008年05月10日
 より安全な麻酔管理をめざして - 2008年03月20日
 半導体レーザー手術

知識の泉
 給与から税金が引かれない国、ドバイ - 2008年11月15日
 輸血について、お知り合いの先生からの電話が・・・。 - 2008年09月21日
 動物のお医者さん - 獣医師 DVM: Doctor of Veterinary Medicine - 2008年07月13日
 職場体験学習、今年も受け入れました。 - 2008年07月11日
 ペットによる癒し効果 - 2008年04月10日
 アイ*コンタクト度  Eye contact degree - 2008年03月15日
 ヘリコ  ヘリコバクター・ピロリ- 2008年01月09日
 ひとことケア(4) てんかんは前もって自覚できる場合がある?!
 ひとことケア(3) ペットの遺伝子診断 盲導犬の確保に応用か?!
 ひとことケア(2) 唾液には鎮痛作用もある
 ひとことケア(1) ジェネリック医薬品



ejima_ac at 07:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

遅ればせながら、謹賀新年 - 2009年01月03日

ご訪問いただきありがとうございます。

今日はもう3日、お正月の三賀日も今日でおしまい。
遅ればせながら、新年明けましておめでとうございます。
新しい年を迎えました。今年一年が皆様にとって幸多き年でありますように。

   1月2日(金)2009年の富士山
   富士山 D300

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

ejima_ac at 09:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!