Blog

 

サイトマップへ

2008年09月

高原でのシジュウカラ - 2008年09月30日

ご訪問いただきありがとうございます。

9月も今日でおしまい。もうすっかり秋ですね。
今年の夏の盛りには休暇をとれず、9月に入ってようやく恒例の小さな夏休みをいただきました・・・。
天候が心配でしたが、何とか恵まれて、訪ねた1500〜2000m級の高原は涼しく、むしむししてないのがよかったです。
早朝、そこで出会ったシジュウカラ。

 背景がやや白く飛びすぎの感ありですが・・・。
シジュウカラ D2Xs

シジュウカラ D2Xs

シジュウカラ D2Xs

シジュウカラは以前、08年4月(季節のハナモモ、4枚目)08年8月(シジュウカラ、都市公園内)にもアップしています。







ejima_ac at 07:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

飼い主の方々に役立つ情報 Part (〜9/21) - 2008年09月28日

ご訪問いただき、ありがとうございます。                       (〜08(H20)0921)
                   音符

当ホームページでは、『役に立つ、わかりやすい』をモットーに飼い主の方々への情報作りを心掛けております。
最初、2008年01月30日に『飼い主の方々に役立つ情報』として整理しアップ致しました。
その後、少しずつ増えてきたアップ情報を加え、かつご覧いただきやすいように項目毎に整理し、再度『飼い主の方々に役立つ情報 Part』としてまとめました。
どうぞ、ご利用ください。

ペットとの生活
 犬のつられあくび - 2008年08月18日
 病院事情あれこれ・・・MRからの声 - 2008年08月12日
 ドッグランのリスク - 2008年08月05日
 もしかして、ペットへの差別? 3 - 2008年08月02日
 もしかして、ペットへの差別? 2 - 2008年07月29日
 もしかして、ペットへの差別? - 2008年07月27日
 ふだんの診療で気になること - 終末医療 - 2008年07月19日
 ペットの血液型ってどんなことに役立つの? - 2008年07月15日
 ペットは生き物! - 2008年06月04日
 初めてペットを入手しようとされるあなたへ - 2008年05月27日

シャンプー
 シャンプーに関連した角膜潰瘍の事例 - 予防のヒント - 2008年06月30日
 シャンプー時に気をつけていただきたい、2点! - 2008年04月28日

予防・保護系
 エリザベスカラー  - 2008年06月22日
 暑さにご用心! - 2008年05月31日
 残念、出てしまいました!! 犬フィラリア 弱陽性所見 - 2008年04月09日
 フィラリア予防シーズン到来 ! - 2008年04月01日
 犬や猫にタマネギ類は与えない方がいいでしょう!  - 2008年03月04日
 熱中症の予防と対策
 ノミ・ダニの予防(ひふ病の予防欄参照)(Medicals)
 フィラリア症の予防(猫・犬)[予防欄参照](Medicals)

ワクチン系
 混合ワクチン接種、おすすめします。 - 2008年07月25日
 当院では狂犬病予防ワクチンは通年でいつでも受けることができます - 2008年07月22日
 狂犬病ワクチンの接種と登録

肥満関連
 肥満とそのコントロール - 2008年09月12日
 肥満とそのコントロール - 2008年09月07日
 肥満とそのコントロール - 2008年09月01日
 肥満とそのコントロール - 2008年08月28日 
 去勢・避妊手術後に肥満は起こるの? そのリスク対策法はあるの?
 愛犬の肥満対策プログラム

検査系
 これは何? - 2008年06月13日
 これは何? - 2008年06月07日
 血液による腫瘍マーカーの検査 - 2008年03月31日
 動物病院の血液検査・ 精度管理 - 2008年03月29日

産科・繁殖系
  去勢、不妊、どっちがどっち?  - 2008年02月17日
  お産 - 命の誕生 - 2007年12月15日

眼科系
 糖尿病性白内障  - 2008年08月08日
 眼科の手術にはどんなものがあるの? - 2008年07月09日
 目の三大病 なみだ焼け・結膜炎・白内障 in いぬのきもち誌 - 2008年04月05日
 Q:ペットの白内障とは?- 2008年01月21日
 Q:白内障手術後に、ペットの目が再び見えなくなることはありますか?- 2008年01月13日
 院長のエッセイ(眼科ケア誌)、この1年- 2007年12月19日
 白内障体感レンズ
 白内障の手術を希望される方は増えています。(Case)
 角膜潰瘍の症例(Case)
 ブドウ膜炎(Case)
 チェリーアイ(犬と猫)(Case)
 急性緑内障(Case)
 ひとことケア(5) 緑内障

健康診断系
 愛犬ライカの健康診断を行ないました。 - 2007年12月14日

麻酔・手術系
 空気亜鉛電池 - 2008年08月23日
 痛みをとる、痛みを軽減する - 2008年07月07日
 絹糸の過剰反応 - 2008年05月10日
 より安全な麻酔管理をめざして - 2008年03月20日
 半導体レーザー手術

知識の泉
 輸血について、お知り合いの先生からの電話が・・・。 - 2008年09月21日
 動物のお医者さん - 獣医師 DVM: Doctor of Veterinary Medicine - 2008年07月13日
 職場体験学習、今年も受け入れました。 - 2008年07月11日
 ペットによる癒し効果 - 2008年04月10日
 アイ*コンタクト度  Eye contact degree - 2008年03月15日
 ヘリコ  ヘリコバクター・ピロリ- 2008年01月09日
 ひとことケア(4) てんかんは前もって自覚できる場合がある?!
 ひとことケア(3) ペットの遺伝子診断 盲導犬の確保に応用か?!
 ひとことケア(2) 唾液には鎮痛作用もある
 ひとことケア(1) ジェネリック医薬品

処置
 チューブ フィーディング(Tube Feeding) - 2008年04月19日


 

ejima_ac at 07:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

コスモス - 2008年09月25日

ご訪問いただきありがとうございます。

 コスモスが一面に咲き誇ってきれいでした。後ろの赤と緑は曼珠沙華です。このシーンにノビタキでも入ればいいんですが・・・。
コスモス D2Xs

ここを訪れたのは午後でしたが、人人人の波・・・でした。人の波が途切れる一瞬をねらって。
午後遅くでも観光バスが何台も押し寄せるという感じで、去年よりも観光化した感じでした。

ejima_ac at 21:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

輸血について、お知り合いの先生からの電話が・・・。 - 2008年09月21日

ご訪問いただきありがとうございます。

今回は、日常診療の中からの話題をひとつ。
先日、お知り合いの先生からほんとに久しぶりにお電話をいただきました。
私が以前、犬や猫の血液型や輸血の研究をしていたことを覚えていてくださったことでのお問い合わせだったんですけど・・・。

その輸血に関する話の概略は以下のようでした。
品種はゴールデンリトリバー、体重35Kg。大きい犬です。この子は潜在睾丸の精巣腫瘍のためエストロジェンによる造血障害がひどく出ていて、血小板数の著減、貧血、白血球数の著減があり、このような悪条件下で、潜在睾丸の摘出手術を施さなければならないというのです。

そこで問題になるのが術中・術後の出血傾向、貧血下での麻酔・手術、および術後感染症の危険性です。
骨髄の造血作用が極端に抑制され、すべての細胞群(赤血球系、白血球系、血小板系)に強い抑制がかかっているところへ麻酔や手術の侵襲が加わると、術中・術後に止血ができにくくなり、出血が止まらなくなることがあります。このような場合には、術後に死に至るリスクがあるのです。
このような時には輸血が一番です。

今のところ、皮膚に出血斑、尿が赤い、血を吐くなどの血液凝固不全の兆候は出ていないようで、その先生は輸血をしながらの手術に踏み切る決心のようでした。
そこで問題になったのが、血液型の適合性(型が合っているか)と輸血の量の設定でした。

電話でのやりとりではありましたが、
 1.血液型が合っているかの適合性の問題、
 2.互いの血液の相性の問題(交差適合試験)、
 3.体重当たりの輸血量、
 4.貧血の度合い、
 5.手術の時間、手術の種類、
 6.出血の度合い、
 7.輸血の量や速度、
 8.輸血の副作用など
について意見のやりとりをさせていただきました。

私も久しぶりに以前(若い頃?)のことを想い出しながら、懐かしさも混じっての問答をさせていただきました。



ejima_ac at 22:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

ホテイアオイ 布袋葵 - 2008年09月14日

ご訪問いただきありがとうございます。

ホテイアオイはどの方向から撮っても正面向いているように写りますから、不思議な花です。
お隣の県のホテイアオイ、楽しみに行ったんですが、今年は花が少ないとのことでした。例年なら辺り一面にびっしりと咲き誇るそうです。
ホテイアオイの花もエゾカンゾウなどと同じように一晩で花がしぼむ一夜花だそうです。
別名ホテイソウ、ウォーターヒヤシンス。

ホテイアオイ D2Xs

ホテイアオイ D2Xs

 トンボがいます・・・
ホテイアオイ D2Xs

ホテイアオイ D2Xs

ホテイアオイ D2Xs

 この写真でわかるように、葉柄(ようへい)の中央部はふくれて、うきぶくろの役目をしています。
 和名はこの姿を布袋様(ほていさま)のお腹に例えたもの。
ホテイアオイ D2Xs

 農道のすぐ脇の田圃では、ご覧のように稲穂が頭を垂れていました。もうすぐ、秋の収穫のようです。
頭を垂れる稲穂 D2Xs

ejima_ac at 08:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

肥満とそのコントロール4 - 2008年09月12日

ご訪問いただきありがとうございます。
1では、『日常生活の中で、肥満はなぜ起こるのでしょうか?』 に、
2では、『どのようなものを肥満というのでしょうか?』に、
3では、『肥満は病気であり、万病の元です。』に触れました。
今回は最後の回で・・・

4.肥満のコントロール
肥満のコントロール法には、
  1.肥満にならないように心掛ける、
  2.肥満を解消していく、

の2点があると思います。
                   ボール遊びの犬  

『我が家の愛犬、愛猫は太りすぎではないか?!』と心配されている方は意外と多いようです。先ずは、その子の体重、体脂肪率を測ってもらい、そのほか、品種、年齢、性別、触診、去勢・不妊手術の有無などの総合的視点からおおよその肥満度を知っていただきます。

肥満でない場合は、うちの子は全く正常なのか、肥満予備群なのか、どのあたりのレベルにあるのかを把握していただいて、現状のフードや運動量などの生活環境を微調整していただくことになります。
一般的な考え方ですが、肥満にならないようにフードの改善や適切な運動を行い、肥満対策をとることは正しいことと思います。今や、肥満はそのことによる症状の有無には関係なく、『病気』として位置付けされていますので、予防としてのウェイトコントロールや体脂肪コントロールはしっかり行うべきでしょう。

肥満であることが分かった場合は、肥満対策プログラムが準備されています。犬では、体脂肪率が測れるようになりましたので、その点では一歩前進ですね。
当院では、あなたの愛犬の肥満に対してこのプログラムを提供しています。体重の減量とともに、高い体脂肪率を基準値に近づけるよう指導していきます。また、そこには飼い主様やご家族のご協力やご努力は欠かせません。
なお、肥満を促してしまう疾患が見つかった場合には、その治療も併せて行う方がいいでしょう。

このプログラム実施の要点は以下のようです。(当院ホームページ内にも紹介しておりますが)、
  ・食事の量と質
  ・おやつやトッピングの量と質

  ・便の回数と状態
  ・1日の散歩回数と時間

  ・2週間に1度の体重と体脂肪率の測定(肥満度チェック)
  ・去勢または不妊の手術の有無

  ・ファミリーでの愛情をもってのプログラムの継続
  ・肥満を促す病気があった場合はその治療

があります。
                       ねこじゃらし

獣医学も進歩してペットの生理学に会わせた通常フードの開発・改良、また、肥満を始めとして病気の時の処方食の開発・改良も進められています。今では各メーカーから多種多様のフードが販売されるようになり、結果、飼主様はどのフードを選べばよいか迷うことになっているのかもしれません。

かかりつけの病院がある方は、そこからサンプルフードを出してもらうなどして嗜好性をみたり、消化具合、抗肥満効果の差などから、相性のいいフードに絞り込まれてみては如何でしょうか。
一発でこれ!というフードに行き当たらない場合の方が多いと思います。また、状況の変化によってダイエットフードの種類は変わってもいいと思います。フード管理
あと、難しいのは、肥満のほか、高齢、心疾患、皮膚疾患、泌尿器疾患、アレルギー疾患など複数の病気をいっしょに併せ持っているケースでは、フードの選択に困ることがあります。試行錯誤しながら飼主様といっしょに意見交換しながら対応していくことになると思います。
なお、ペットの減量プログラムのサイトも開設されています。ご参考にされてみて下さい。

今回で、このシリーズはひとまず終わりになります。ありがとうございました。
肥満というのは、ふだんの与えすぎが大きな原因の一つなんですが、フードとして与えてはいけないものもあります。認知度が高いものにはタマネギがそうです。他にも、与えてはいけないリストとして紹介されているものがあります。ご参考になさって下さい。
何事も ほどほどにバランスよく、がいいようです。

ejima_ac at 20:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

ヒバリ(雲雀、告天子) - 2008年09月09日

ご訪問いただきありがとうございます。

上空を羽ばたきながら囀るヒバリ、とてもきれいな、よく通る、澄んだ声です。あんな小さな体で、あんな上空を飛びながらなかなか声量感ある囀りを聞かせてくれます。
飛んでる姿を撮るのはなかなか難しいですね、地面に降りたところをパチリ。ワンチャンスなんで、背景が抜けるような所を選ぶ余裕はありませんでした。

 ヒバリの若
ヒバリの若 D2Xs

***************************************************************************************
ヒバリの小話:スズメ目、ヒバリ科、ヒバリ属、ヒバリ種
上空でさえずるという習性をもつヒバリです。草などの上にとまってさえずることもあるようです。
一夫一妻といわれてます。
茨城県と熊本県の県鳥。

ejima_ac at 06:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

肥満とそのコントロール3 - 2008年09月07日

ご訪問いただきありがとうございます。
1では、『日常生活の中で、肥満はなぜ起こるのでしょうか?』 に、
2では、『どのようなものを肥満というのでしょうか?』に触れました。
今回は・・・

3.肥満は病気であり、万病の元です、とよく言われます。
では、肥満になっていくとどのようなことになっていくのでしょうか、また、どのような病気と肥満は関連しているのでしょうか。

当院のアイドル猫、姫ちゃんは不妊の手術後てきめんに太りました。
     まん丸姫ちゃん
          
肥満があると、次のような病気になりやすいと言われています。
    ・糖尿病、高脂血症、脂肪肝、
    ・高血圧症や脳疾患、
    ・骨関節炎、椎間板ヘルニア、前十字靭帯の断裂、骨折、股関節形成不全
    ・熱中症(熱射病、日射病)、
    ・既存の心疾患や呼吸疾患が重くなりやすい、
    ・重症の便秘になりやすい、
    ・発情異常 などです。
まぁ、いろいろとあり過ぎて困ります。健康を害することばかりで、寿命を縮めてしまいそうです。

一方、どのような病気があると肥満に発展しやすいかというと、
    ・甲状腺機能低下症副腎皮質機能亢進症などのホルモンバランスが崩れる病気、
    ・去勢や不妊の手術を受けたあと などなど
になりやすいと言われています。
        
いろいろと専門的な病気などの名前が出てきますが、小難しい内容はちょっと横に置いといて、ふだんの生活の中で見ていても、太ってくると、
     ・何と言っても見た目は悪くなる、重そう、
     ・体は動かしにくい、動かさない、
     ・息苦しそう、見てる方も息苦しい、
     ・疲れやすい、
     ・食欲だけは二人前、     肥満猫のイメージ

などと様々な負担が付いてまわります。どれひとつとってもいいことはないわけで、はやく決別させたいものばかりです。
            
診療でも、とても困ってしまう状況は次のようなケースです。
     1.超肥満
     2.高齢
     3.心雑音
     4.皮膚がうすい、毛が粗く、パサパサ
     5.皮膚炎
     6.白内障
     7.飼主様の理解が得にくい(肥満への認識、フードやおやつの与え方、治療への協力・理解などの点)


上記のようなケースでは、検査してみると肥満はもちろんのこと、そのほかに甲状腺や副腎などの内分泌障害、心不全、肝障害、腎障害、電解質異常などを併せ持っていることがあります。このような場合、治療のために手術を、例えば、白内障手術などを行おうと思っても二の足を踏むことがあり、治療としての詰めができなくなることがあります。とどのつまりは『クオリティ オブ ライフを改善できない』、とか『寿命を縮めてはるなぁ』と感じてしまうことがあります。

毎回繰り返しにはなりますが、大事なことは、ペットの健康は『飼主の自分が守るんだ!』という極ありふれた、ふつうの意識をきっちりと持つことが一番と思います。

ejima_ac at 22:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

ウミネコ(海猫)の飛翔 - 2008年09月03日

ご訪問いただきありがとうございます。

今回は海岸のウミネコです。
天候がすぐれず、青空が望めないのではと心配でしたが、何とか・・・。
羽を大きく開いて飛ぶ様は撮っていてもとても気持ちのいいものです。これにシャッターを押しこむ楽しみが加わって、充実感は倍加します・・・、私にとりましては。
ウミネコが飛ぶそばの砂浜近くでは似た鳴き声のノラ猫ちゃんが2匹たむろしてました。

 いい感じの青い空でした。
ウミネコ D2Xs

 薄っすら白い雲の中を飛ぶ。嘴の先は赤と黒。
ウミネコ D2Xs

 遠くの空を飛ぶ。
ウミネコ D2Xs

 雲が下にあると浮遊感が増します。
ウミネコ D2Xs

 雲の上を飛んでるみたい。
ウミネコ D2Xs

ウミネコ D2Xs

 午後からは曇り気味・・・、空バックはご覧の通りでした。
ウミネコ D2Xs

撮影中、天気は何とかもってくれましたが、帰りの車中では大雨のゲリラ豪雨でした。
**********************************************************************************************************
ウミネコの小話:チドリ目、カモメ科、カモメ属、ウミネコ種
カモメの一種で、名前の由来はその姿、形、色などではなく、鳴き声がネコのそれに似ていることから。
ウミネコは、毎年おなじペアで一夫一妻制。一度ペアとなった♂・♀のどちらかが不慮の事故や病などで死なない限り、一生涯連れ添い、その絆は固いと言われています。
まれに、一夫多妻に傾くふらちな♂もいるようで、そんな『つがい外』交尾を一方的に強要する♂は、そのペアからものすごい反撃をくらうようです。

ejima_ac at 03:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

肥満とそのコントロール2 - 2008年09月01日

ご訪問いただきありがとうございます。
1では、『日常生活の中で、肥満はなぜ起こるのでしょうか? 』 に触れました。
今回は・・・

2.どのようなものを肥満というのでしょうか?
一般に、肥満は体重が重く太っているということだけではなく、体脂肪率が高いということです。
人の領域でも、肥満は病気と位置付けられて、基準よりも体重が多い状況(概ね標準体重より20%以上超過)や体脂肪が過剰に蓄積した状況をいい、それらによる症状の有無は問わないとされています。また、人では体重による肥満の診断のほか、体脂肪率による診断、内臓脂肪レベルによる診断などとても細分化されています。
          肥満猫のイメージ

ペットの領域では、ようやく、犬での体脂肪率が計れるようになっています。このことだけでもずいぶんと飼い主様の納得力、飼い主様への説得力が出てきたと思います。
犬の体脂肪率の基準はある程度幅がありますが、おおよそ24%前後となっています。また、以下のようなこともわかっています。

  ・年齢差がある(年齢とともに上昇し、特に1歳から2歳にかけての上昇率が大きい)
  ・どの年齢域にあっても、去勢・不妊手術後の方が高い傾向を示す
  ・性差がある(♀の方が高い傾向を示す)

などです。

実際の肥満度チェックに当たっては、体重、体脂肪率のほか、品種、年齢、性別、触診、去勢・不妊手術の有無など総合的に視て判断する必要があると思われます。

では、実際に肥満ではないかと心配されているペットを計ってみると、やはり30%台、40%台と高い体脂肪率の数値が見受けられます。飼い主様には、愛犬の体重とともに体脂肪率を知っていただき、どれ位の肥満度かを把握していただきたいと思います。そこから具体的な減量プログラムが出来上がりますので、それを実施していただきたいと思います。この体脂肪率はかかりつけの動物病院で計ってもらえると思いますよ(つづく)。

ejima_ac at 14:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!