Blog

 

サイトマップへ

2008年06月

シャンプーに関連した角膜潰瘍の事例 - 予防のヒント - 2008年06月30日

ご訪問いただきありがとうございます。

シャンプー時に気をつけていただきたい、2点!』と題して、08(H20)年4月28日のブログ上で紹介しておりますが、まさにこの事例に遭遇する機会がありましたので、ここに簡単にその経過とこのようなことを引き起こさないためのヒントについてちょっとだけ書いてみます。
シャンプーのリスク
このような『シャンプーの後の・・・』というのは毎年必ずといっていいほど遭遇します。
最近も、老齢の犬と1歳未満のとても若い犬のケースがありました。
前者は飼い主ご自身でのシャンプー、後者はシャンプーに出してのケースでした。いずれもシャンプーの後から目を痛がるようになっています。様子を見たり、治療を試みるも経過は悪くなって、当院へ来院されています。

 いずれのケースも左目の緑色に染まっている部分が角膜潰瘍のエリアで、広い範囲が傷になっていることがわかります。
シャンプー後の角膜潰瘍 シャンプー後の角膜潰瘍

このようなことが起こってしまう要因には、
 1.シャンプー時の不注意のほか
 2.角膜潰瘍になりやすい状況や要因がその子に潜んでいる
などのことが考えられます。

予防としては、第一にシャンプーのリスクについてきちんと認識しておく必要があります。たかがシャンプー、されどシャンプーです。
具体的な注意点としては、
 ・シャンプー時の泡やシャンプー成分、お湯などができるだけ目に入らないようにする
 ・乾かす時の温風は後ろからかけるなど、目にあまり当たらないようにする、温風の温度を下げる
 ・特に顔周りや目周りは冷風にする、あるいは手拭きにする
など繊細な注意が必要です。また、
 ・眼軟膏などで目を保護しておくのもいいと思います。

また、今回の内容とは別に、シャンプー時には以下のようなリスクもあります。
 ・ある程度のまとまった泡を吸い込んでしまうと気道内に泡が詰まった格好になり呼吸困難が起こったり、窒息死なんてこともあり得ます。
 ・心不全がある子の場合も発作やけいれんなどに要注意で、体調がすぐれない時は延期すべきでしょう。

シャンプー後の観察は欠かせません。シャンプー後に目をシパシパさせたり、細めたり、赤く充血したり、掻いたりしていないかみて下さい。怪しい時はすぐに眼科検査を受けるべきです。


ejima_ac at 12:40 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

ホオジロ(頬白) - 2008年06月23日

ご訪問いただきありがとうございます。

梅雨時なので仕方ないと思いますが、撮影を始めると小雨となり、あいにくの天候でした。その後、雨はひどくなり、仕方なくそうそうに退散。

都市公園などでも見かける身近な野鳥の一つですが、今回の1800m級の高原で最初に出会えたのはホオジロさんでした。
2枚の写真のホオジロは、少し時間が経っても同じ木に留まる同じ個体と思われました。
ここがお気に入りのソングポストなんでしょうね。

 バックの白い線状は白樺の木。
ホオジロ D300

ホオジロ D300

レンゲツツジとの絡みは雨のため期待はずれに終わりました・・・。

*****************************************************************************************
ホオジロの小話: スズメ目 ホオジロ科 ホオジロ亜科 ホオジロ属 ホオジロ種
『頬白(ホオジロ)』という和名は、成鳥の顔の中で頬・眉斑・喉の部分が白く目立つことに由来とのこと。
千葉県、福岡市、海南市、白河市、天童市などの市鳥。

ejima_ac at 16:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

エリザベスカラー  - 2008年06月22日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

これをペットの首につけて歩いていると、時々、『何ですか、それは?』とか『何のために付けているんですか?』とか聞かれます。みなさまもご経験あるのでは?
ペットを飼っている方、好きな方なら大方の人はご存じと思います。ペットに馴染みのない方は不思議に思われるのでしょうね。

エリザベスカラー 透明タイプ エリザベスカラー 猫フィギュア

          
正式名称はエリザベスカラー(英語:Elizabethan collar)、エリザベスは『エリザベス朝』に、カラーは『襟』に由来しています。つまり、形状や目的は随分違いますが、同じような部位に取り付けるということでのネーミングなんでしょう。16世紀英国のエリザベス朝時代の人々が装着した分厚い襟のこと、日本でいえば冬のマフラーみたいなもんでしょうか。

これは傷口をこすったり、かいたりすることから守ることを目的としたものです。
日常では、『あ〜、あのエリマキトカゲみたいなの〜?!』とか、詰めて『エリカラね!』とか、あるいは単に『カラー』とか呼ばれているようです。

当院では眼科を取り扱っている関係で、光を失ったり(Vision Loss)ロービジョン(Low Vision)のケースで、特に、眼の病気の時や眼の手術のあとの保護に使うことが多いですね。
左は去勢手術した部位をなめないように、右はチェリーアイの目をかいたり、こすったりしないように保護するためのエリザベスカラーといった具合です。

    エリザベスカラーをつけた猫 ダックス用のエリザベスカラー  少しとんがっています
       
欠点もありまして、見た目がよくない、食餌や飲水に困る、動くとアチコチに当たり、ガサガサとこすれる音に動物が怖がったり、ビックリしたり、落ち着きがなくなったり、また、飼主の方でもこのような様を見て、『かわいそうだよ!』と微妙な感じを持たれることもあります。このようなことでエリザベスカラーを付けたがらない飼主様やすぐに外してしまわれる方もいらっしゃいます。
でも、このような時、私たちはできるだけ説得するようにしています。
動物の側も一両日付けていれば慣れてきますし、何よりも傷を保護することが大事で、『かわいそうだ』と仰る飼主様にも『傷がひどくなる方がもっとかわいそうですよ』と説明し、ご納得いただくよう、ご協力を求めています。

ペットの大きさ(猫や超小型犬〜大型犬まで)に応じて様々なサイズがあります。また、下の写真のようにいろいろな形状のものがあり、左はスタンダードタイプ、右はミニチュアダックスなど鼻の長い子用のタイプになっています。こうやって見ると随分と形状が違いますね。
     エリザベスカラー 透明タイプ 右: ダックス用

状況によってはエリザベスカラーの代わりに、下の写真のようにハンカチや帽子(プヨ君の帽子)を利用することもあります。

       ハンカチを首に巻く猫 機能性保護具  プヨ君の帽子

           ・ エリザベスカラーは何のために付けるんでしょうかねぇ? - 2010年03月06日
           ・ 目を保護する器材 ゴーグル  - 2010年02月15日
           ・ エリザベスカラーを付けるのはかわいそうですか?! - 2009年10月07日

ejima_ac at 13:00 コメント( 4 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

季節のアジサイ2 - 2008年06月16日

ご訪問いただきありがとうございます。

先日の『季節のあじさい』に続いて・・・。

アジサイてんとう虫とアジサイ D300ハチとアジサイ D300

アジサイ 1D掘アジサイ D300アジサイ D300

ハチとアジサイ D300アジサイ 1D掘アジサイ D300

ejima_ac at 08:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

これは何? 聴く - 2008年06月13日

ご訪問いただきありがとうございます。

この写真の器具、何だかわかりますか?
 この器具は何?

ご存知の方も多いと思いますが、これは音を聞くための道具で、聴診器といいます。もともとは子供の遊びからヒントを得てフランスで発明されたものです。私たちはこれで常日頃、ペットたちの体の中の様々な音を聞き分けています。
心臓の音(ドックン、ドックンなど)、心雑音(ザーザーなど)、呼吸の音(フーフーなど)、呼吸の異常音(プツプツなど)、おなかの胃腸の音(グルグル、ギュルギュル、ピー!など)さまざまです。

正常な音はどのようなものかを知っておく必要があります。例えば、心臓の音ならその音の質感、リズム、テンポといったところでしょうか。また、聴診器をどこに当てればどこの音を聞けるかということも大事ですね、ただ当てればいいというわけではありません。

ところで、タイヤメーカーでダンロップというイギリスの企業がありますが、その創始者ジョン・ボイド・ダンロップは獣医師だったと聞いています。動物の聴診をしているそばで、息子さんが乗り回す、当時の自転車の鉄製車輪の音がうるさく聴診がうまくできないことに閃いて、その車輪の周りに聴診器の長いホース部分を試しに巻きつけたのだそうです。鉄製車輪が出す音はかなり軽減されたそうですよ。

通常は聞こえない体の中の音を聞くための道具が、音を抑えるための物として使われたのです。面白いものですね。聴診器が空気入りタイヤの起源だったなんて・・・。現在の空気入りタイヤが生まれたのは1888年、英の獣医ダンロップが息子の自転車タイヤに使ったのがはじめてとされています。

よく五感(聴覚、触覚、視覚、嗅覚、味覚)を使ってなんていいますけど、私たちはペットの診察の時、聴診のほか、触れる触診、見る視診、嗅ぐ嗅診など(味わう味覚はあまりありませんが・・・)、各感覚を研ぎ澄ましてアンテナを張るようにしています。

      聴診器


ejima_ac at 23:40 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

季節のあじさい - 2008年06月09日

ご訪問いただきありがとうございます。

今、季節の花ですので、楽しまれておられる方は多いと思います。
私は近くの小さな紫陽花公園から。
小さいながらいろいろな種類のあじさいを楽しめます。

 あじさい
アジサイ D2Xs

アジサイの葉 D2Xs

アジサイ D2Xs

アジサイの葉 D2Xs

アジサイ D2Xs

ejima_ac at 23:35 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

これは何?  たたく器具 - 2008年06月07日

ご訪問いただきありがとうございます。

この写真の道具、何だかわかりますか?
     打診槌(だしんつい) Plexor
打診槌(器) plexor といって、私たちの商売道具(?)の一つです。      

皆さんも遊びでやったことあると思いますが、脚気(かっけ)の検査なんていいますけど、膝っこぞうの少し下を1回ポンとたたくと足が1回ピクンと反射式にあがりますね、そうそんな反射に異常があるかどうかを診る時に使う器具です。
ビタミンB1が欠乏するとこの反射が弱くなったり、出なくなったりします。モヤシなどを食べてビタミンB1が補給されてくると治ってきます。

ところで、この器具を使って動物を打診する部位は決まっていて、どのような反射が出るかも決まっています。そのところの異常を読み取っていくわけです。ですから、正常な反射パターンがどのようなものかを知っておかなければなりません。
この検査は、専門的な言葉になりますが、『脊髄反射』といって自分の意識に関係なく反射的に出てくる反応を診ていくことになります。

              打診器で検査をしているところです。
              四頭筋反射                    前頸骨筋反射
             打診 脊髄反射 大腿四頭筋(膝蓋腱)反射 打診 脊髄反射 前脛骨筋反射
 
              二頭筋反射                    三頭筋反射
             打診 脊髄反射 二頭筋反射 打診 脊髄反射 三頭筋反射 

要は神経の流れを打診して反射の出具合を調べ、障害の種類や部位をある程度絞り込もうというわけです。

自分が意識していない反射というのは、皆さん、ふだんなじみのないものだと思いますが、案外体験しているものです。例えば、熱い物に触れた瞬間、『アツッ!』といって手や腕を瞬間的に引っ込めることがありますね、この『とっさの行動』も日常生活の中で体感できる『脊髄反射』です。

ejima_ac at 06:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

梅雨入り - ビヨウヤナギ - 2008年06月05日

ご訪問いただきありがとうございます。

今年、気象庁はこの6月2日(月)に関東甲信・東海・近畿地方が『梅雨入りしたとみられる』と発表しました。いつもより早いなと感じていたら、平年より関東甲信は6日早く、1951(昭和26)年以降の統計で6位タイの早さ、最も遅かった昨年よりは20日も早いとのこと、どうりで!

梅雨と言えば、アジサイ、花菖蒲といったところでしょうか。アジサイはもう街並みのあちこちに見かけるようになりましたね。
今年の梅雨の花の撮影はどこへ行こうかと思案中です。

ビヨウヤナギも頑張っていてきれいな黄色が遠目にもよく目立ちます。
私は黄色というのはとても気に入っている色の一つです。今回はミラーアップで撮ったビヨウヤナギということで。

 ビヨウヤナギ
ビヨウヤナギ D2Xs

ビヨウヤナギ D2Xs

ejima_ac at 05:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

ペットは生き物! - 2008年06月04日

ご訪問いただきありがとうございます。

先月の2008(H20)年05月27日に『初めてペットを入手しようとされるあなたへ』という記事をアップしましたが、このペットの入手の際に専門店などからの購入もあると思います。

そこで、今回はその際の注意点について触れてみたいと思います。前回は獣医師の立場からペットの健康面の視点での内容でしたが、今回は少し違う視点から・・・。

ペットはとても可愛い存在ですが、『おもちゃや玩具』ではありません。彼らは生きています。『命も個性もある生き物』です。そこが『物(モノ)』とは違うところです。でも現在の我が国の法律では、残念ながら、ペットは『物(モノ)』という扱いを受けています。
従って、『ペットを買う=物(モノ)の売買』と判断されます。現状では、後日のトラブル対応にも備えしっかりとした売買契約書を交わす方がベターでしょう。我が国では当事者間の合意があれば成立します。

 ペットは生きもの! D2Xsペットは生きもの! D2Xs

私自身はペットを物(もの)とは思っておりませんが、日本の法律上での『ペットはモノ』というこの判断は、これからの時代と共に変わっていくことでしょう。ドイツでは、1933年に動物愛護法制度の始まりである「ライヒ動物保護法」が制定され、民法にも『動物は物ではない』と宣言する規定があります。

何事もそうですが、環境の汚染問題や地球温暖化なんてことも、二昔前は一部の学者や一部の行政の考えだったんでしょうが、今や一般市民の関心事にまで定着し、しっかりと市民権を得ています。物事の判断や考え方、とらえ方の基準は時代と共に変わっていくものです。いつか、我が国でもペットは『物』ではなく、『生きている物』として法律上も認識される時がくるでしょう。

話は戻りますが、購入時に、特に重要になってくるのが危険負担に関する条項で、例えば、『性別の違い』、『色の違い』、『♀で、色が白く、適切なサイズの一番元気な子』、『同品種、同性ならどの子でもいいのか』など後日トラブルの元になりそうなことは明確にしておく方がよいと思います。

また,その他のチェック項目として以下のようなものも挙げられます。
  ・血統書の交付
  ・予防接種と接種証明書の交付
  ・健康であるか
  ・後に発病した際の責任の所在
  ・急死したときの賠償       などなどです。

先日の『初めてペットを入手しようとされるあなたへ』(2008年05月27日のブログ)の中にもあって繰り返しにはなりますが、購入時に、その子の健康診断書が付いていなければ、『付けて欲しい』と頼んでみては如何でしょうか?健康なペットを入手するために。

個人的には、購入の時点でウイルス検査や血液型検査も付加され、ペットの価値があがっていくといいなと思っていますが・・・。

ejima_ac at 05:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

キジ(雉子、雉) - 2008年06月03日

ご訪問いただきありがとうございます。

今回は、ニワトリの大親分みたいなキジ。
オオヨシキリのいるフィールドで出会ったキジですが、毎回会えるわけではありません。鳴き声もあまり聞いたことがありません。羽を広げた姿は見せてくれましたが、写真に撮ることは叶いませんでした。
この時が、このフィールドでは2度目の出会いでした。畦道を歩くキジを遠目に発見したので、脇から静かに寄っていきました。途中見失ったのですが、確かこの辺だったよな〜と見回していたら、不意にそばに出てきました。
それからバシャバシャと撮りまくり、後を追って、併歩しながらバシャバシャと。

 すごい顔してますね〜。
キジ D300

キジ D300

キジ D300

キジ D300

 胸先に虫が・・・
キジ D300 (胸先に虫が・・・)

*****************************************************************************************
キジの小話: キジ目 キジ科 キジ属 キジ種
日本の国鳥。
飛ぶのは苦手らしい。
桃太郎の家来としても登場するキジ、『由来に関する事柄』が多く、『きしめん』、『キジを撃つ』、『けんもほろろ』などなど。
ちなみに、『頭隠して尻隠さず』は草むらに隠れたつもりになったキジの様子に由来とのこと。


ejima_ac at 08:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!