Blog

 

サイトマップへ

2008年05月

暑さにご用心! - 2008年05月31日

ご訪問いただきありがとうございます。

先月の2008(平成20)年4月30日のブログで、『もう夏日出現、熱中症の対策を忘れずに! 』をアップしましたが、ここで再度このテーマを取りあげました(今日を含めここ数日の間は寒さが戻り、ちょっと寒いくらいの感じではあるんですが・・・)。

          涼しい〜! みなさ〜ん、暑さにご用心!       

梅雨前とはいえ、この時期、日によってはとても暑い時があります。
昼間のカンカン照りの折りに、ご自分は日傘をさしながら愛犬(品種は色々で、ゴールデンリトリバーだったり、シーズーだったり、ダックス、シェルティーなどなど色々ですが)のリードを引き、昼間の散歩を楽しんでおられるお方をお見かけすることがあります。

股関節形成不全の一症状で、腰の痛みをかばいながらフリフリ歩きのモンローウォーク(飼主様はそのことに気づいておられるどうかわかりませんが・・・)で、照り返しの強い、熱い舗装道路を這うように一生懸命歩くその子たちの姿を見ていると、『なんでこんな暑い時間帯に・・・』と私は何とも言えない気持ちになります。
ただ、熱中症にならなければいいけど、と取り越し苦労に終わることを願うばかりです。

今日も当院にはワクチン接種等で、ご来院いただいているペットたちが数多くいますが、ふと、時計に目をやるともう11時を過ぎ、午前中とはいえ外はもうかなりの暑さのようです。
中には飼主様といっしょに歩いてやってくるペットたちもいます。梅雨前とはいえ5月後半のこの時期、地球温暖化の影響もあるのでしょう、晴れた日の日射しはかなりのものです。

地面に近いところを歩くペットにとってはアスファルトからの照り返し熱の温度は想像以上のものと思います。道路からの照り返し温度は野外温度が35度以上になると道路からの上昇気温は50度近くになるとも言われています。大人の背の高さで感じる体感温度よりも、より地べたに近いペットの背の高さや子供の背の高さ、あるいは赤ちゃんを乗せる乳母車などの方が想像を超えて体感温度は高くなりがちです。この点には注意が必要です。

実際、診察時にペットたちの毛並みに触ってみるととても暑くなっているのを感じます。黒い毛色の子ではなおさらですね。診察が終わった時も熱中症や日射病などに気をつけてくださいね、と声をかけます。

熱中症や日射病などへの対策チェックポイントとしては、
 1.外出時、日陰を利用し休み〃にする。
 2.スポーツドリンク(薄めのタイプ)や水を準備して、こまめに飲ませるようにする。
 3.毛色が濃い(黒っぽい、茶色っぽいなど)子には白い、風通しのよい、軽い素材の服などを着せる。

  などといったところでしょうか。

当院ホームページにも『熱中症を知りましょう 自分でできる予防と対策』をアップしています。よろしければご参照ください。


ejima_ac at 14:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

葦原に咲く赤い花 - ツツジ - 2008年05月29日

ご訪問いただき、ありがとうございます。

ここのところ田植えの始まった田圃やオオヨシキリのいる葦原に通いましたが、葦原の脇に咲いていたツツジの花です。

 ツツジとハチ
ツツジ - ハチ D300

 オオヨシキリとツツジの花色
ツツジ - オオヨシキリ D300

ejima_ac at 10:50 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

初めてペットを入手しようとされるあなたへ - 2008年05月27日

ご訪問いただき、ありがとうございます。

普段の診療で気になることのひとつに、飼ったばかりのペットにすぐに病気が見つかる、又はすぐに病気になる、ということがあります。
診ていて飼い主の方が気の毒になります。
本来ペットを飼うということは、楽しい時間を共有し癒しのある生活を、という希望でご入手されるものだと思うからです。

ペット 新しい子犬 ペット うさぎ ペット ライカの公園散歩 ペット 外猫 地域猫

でも実際はそれに反して病気のペットの面倒をみることになり、精神的にも、肉体的にも、また、経済的にも大変です。
これでは何のためのペットかと思ってしまいます。

車でも、家でも、何でもそうだと思いますが、入手する際には慎重に検討しますね。それと同じで、ペットでも飼ってすぐに病気では困ります。
入手される際には病気がないか、健康であるか、要チェックです。

健康チェック項目としては、
 1.意識がしっかりしていて元気か、動きは活発か
 2.耳の中はきれいか、かゆがっていないか
 3.目は汚くないか(メヤニやナミダが多く出ていないか)
 4.咳やくしゃみをしていないか
 5.下痢をしていないか、吐いていないか
 6.被毛の光沢はいいか、皮膚炎(赤い、毛が抜けている、かゆみなど)はないか

といったところが見るポイントでしょうか。
例えば、購入されるときに、その子の健康診断書を付けて欲しいと頼んでみては如何でしょうか?

先進国の流れを見ていると、これらのほかにウイルス検査や血液型検査などが加わるとさらにいいと思いますが、我が国ではまだそこまでいっていないですね。

入手されたら、日が浅いうちに一度、動物病院での健康診断を受けられるのもいいと思います。
意外とやっかいなのが耳の病気なんです。外耳炎なんか慢性化しやすく持病化することが多いですから・・・。
なお、一般的な診察のほか、糞便検査やペットドックも是非受けられた方がいいでしょう。

ejima_ac at 06:49 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

オオヨシキリの飛翔 - 2008年05月24日

ご訪問いただきありがとうございます。

パソコンの不具合等でブログの更新が遅れていました。
2008年05月10日の『縫合糸の過剰反応』の記事では、いくつかの反響があり、中には文献に目を通したいなどのお問い合わせをいただきました。ありがとうございました。個々の方にはご返信申し上げました。

2008年05月12日の『オオヨシキリ』の記事の中に、次は飛翔の姿を撮りたいと書きましたが、今回はそれをアップします。

 オオヨシキリの飛翔
オオヨシキリ飛翔 D300

オオヨシキリ飛翔 D300

オオヨシキリ飛翔 D300

オオヨシキリ飛翔 D300

 少しブレ気味ではありますが・・・
オオヨシキリ飛翔 D300

ejima_ac at 14:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

アマサギ - 2008年05月13日

ご訪問いただき、ありがとうございます。

アマサギは初挑戦でした。
その日の朝、アマサギに出会えるといいなぁ、会いたいなぁと思いながらのことでした。
田植えが始まったいつもの田圃に着き、オオヨシキリなどの撮影を始めていると、空から数羽の白い姿が・・・。
よく見ると中の1羽がなんと、アマサギ。撮影していた割と近くに舞い降りてきたので、広い田圃の中をあちこちと歩き回らずに済み、とても助かりました。

 アマサギ(夏羽)1羽とコサギ8羽
アマサギ(夏羽)1羽とコサギ8羽 D300

アマサギとコサギ D300

アマサギ D300

アマサギ D300

アマサギとコサギ D300

*****************************************************************************************
アマサギの小話: コウノトリ目 サギ科 アマサギ属 アマサギ種
コサギより小さく、クチバシはやや短い。
夏羽は頭・首・背中の羽毛がうすい褐色の飾り羽になります。
この時期のこの色が何ともいいですねぇ。

ejima_ac at 22:40 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

オオヨシキリ(大葦切) - 2008年05月12日

ご訪問いただき、ありがとうございます。

先日出かけた田圃の脇に広がる葦原で、けたたましいほどに囀(さえず)るオオヨシキリ。
嘴(くちばし)を大きく開いての囀(さえず)りには何か一生懸命さが伝わってきますね。
次は飛翔のシーンを撮りたいなぁと願っています。

 オオヨシキリ
オオヨシキリ D300

オオヨシキリ D300

オオヨシキリ D300

オオヨシキリ D300

*****************************************************************************************
オオヨシキリの小話: スズメ目、ウグイス科、ヨシキリ属、オオヨシキリ種
和名の由来はヨシ(葦)を切り裂いて中にいる獲物を捕食することから。
日本では夏季に繁殖のため飛来する夏鳥、眉斑が白く、口の中は赤い。
囀(さえず)り(繁殖の時期に、主にオスが高らかに複雑な声で鳴き、メスを引きつけ縄張り宣言をするための鳴き方)には『ギョギョシ』、『ケシケシケシ』など、地鳴き(地上でのお互いの位置確認のためなどに鳴く単調で地味な鳴き方)には『ジョッ、ジョッ』など色々あるようです.
鳴き声の『ギョギョシ』から『行行子』とも呼ばれ、夏の季語とされています。

ejima_ac at 14:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

絹糸の過剰反応 - 2008年05月10日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

最初に、今回の絹糸に関する情報の一部は当院スタッフの中さん、齊藤さん(いずれも獣医師)、松田さん(研修生)から提供いただいたものであることを先に申し添えます。

手術時の縫合糸は、改良に改良を重ね、現在では用途に応じて様々な素材のものが使用されています。その中で古くから定着している糸の一つに絹糸(けんし、きぬいと)というのがあります。我が国ではなぜか絹糸が多用されてきた歴史がありますが、その背景にはひょっとしたら、日本人特有の絹神話の影響によるものなのかな、なんて一人で考えています。でも、その辺りの状況はかなり変わってきているようです。

紀元前3000〜6000年頃には始まっていたとされる絹の生産、この絹は現代においても高級素材であり、蚕が作る『自然素材』であることからアレルギーについて以前は綿を含めて無難とされていました。しかし、実際には衣服の絹アレルギーもすでに知られていて自然物だから安全とは言い切れないようです。

絹は、手術時の縫合材料の絹糸としても随分前から販売・使用されています。外科医にとっての絹糸の特性は、しなやかで結びやすく、ほどけにくいという点でした。だけど、生体にとっては異種蛋白ですから、その意味では組織反応性はあるといえます。  縫合用絹糸のイメージ
この素材が縫合糸として生体内に埋め込まれた時、下記の参考文献にもあるように過剰に異物反応を引き起こす場合のあることが知られており、肉芽腫(にくがしゅ、にくげしゅ)を形成する可能性のあることが示されています。
犬の手術例でもすべての例でというわけではないでしょうが、このようなリスクが知られています。

以下に、1990年からの学術論文等の一部を示します。一般の方には専門的過ぎる中身かも知れませんが、学術的背景を示す参考資料として挙げたものです。興味のある方は目を通してみてください。
  Anastomotic suture granuloma following radical retropublic prostatectomy.
   根治的恥骨後前立腺摘出術後の吻合性縫合肉芽腫
   Scheidler DM, Foster RS, Bihrle R, Scott JW, Litwiller SE
   J. Urology 143(1) 133-134 1990

  Stitch granulomas following inguinal herniotomy: a 10-year review.
   そけい部ヘルニア手術後の縫合部肉芽腫:10年間のレビュー
   Nagar H
   J. Pediatric Surgery 28(11) 1505-7 1993

  Histologic effects of different suture materials in microsurgical anastomosis of the rat uterine horn.
   ラット子宮角の微少吻合術における各種縫合用材料の組織学的影響
   Quesada G, Diago V, Redondo L, Rodriguez-Toves L, Vaquero C.
   J. Reprod Med 40(8) 579-84 1995

  Case report: paravesical suture granuloma resembling bladder carcinoma on CT scanning.
   ケースレポート:CTスキャン検査において膀胱癌に類似した所見を示した膀胱傍の縫合糸肉芽腫
   Carroll KM, Sairam K, Olliff SP, Wallace DM
   Br J Radiol 69(821) 476-8 1996

  An operative case of suture-granuloma which resulted from an intra-pulmonary treatment 10 Years
   ago and manifested hemoptysis.
   喀血まで引き起こした、10年前の肺臓内治療に起因した縫合糸肉芽腫の手術症例の1例
   Baba K et al.
   Kyobu Geka 49(12) 1048-51 1996

  縫合糸のアレルギー反応(紹介記事から)as(animal specialist)誌 No.218 March p.58 2008

このように絹糸は肉芽腫の発生を促すことがあるようです。仮に過剰反応が出てしまった場合には、炎症を抑えたり、糸やその周囲の肉芽腫を取り除くなど対処方法はあるにしても、深部組織の場合では手術で摘出するのも大変ですし、また、絹糸が組織内に残っている状況では再発の可能性も考えられます。

また、前もって過剰反応が出るか否かを知ることは予測できませんので、現状では、絹糸は組織内には使用しない方がいいと考えられます。
当院では、現在、絹糸 が生体内に残るやり方は行っていません。
また、2010年3月からは超音波手術装置 SonoSurg(ソノサージ) シザースを導入し、どのようなタイプの糸でもできるだけ生体内に残さない手術を実施しています。

追記:絹糸を含めていずれの糸にも一長一短があり、すべての面でオールマイティーな糸があるわけではありません。その時々の状況や時代に応じてよりベターな糸を使い分けていくことが大切です。今後、他の糸でも同じような指摘を受けたり、いつの日か絹糸の製造処理方法が改善され、利点はそのまま活かし、肉芽腫を引き起こさない新しいタイプの絹糸が出てくることも期待できるのではと考えたいと思います。


ejima_ac at 07:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

おしゃれな出で立ちのキジバト(雉鳩) - 2008年05月06日

ご訪問いただき、ありがとうございます。

今回は、都市公園などでもよく見かけるおしゃれなキジバト。
この時期割とよく見かけるキジバト。
ドバトよりおしゃれで、華やかな印象を私は持っています。特に、首のところの襟模様なんか『決まってるなぁ!』と思います。
     
       キジバト
   キジバト 1D掘キジバト D300

   キジバト D300キジバト 1D掘

*****************************************************************************************
キジバト(雉鳩)の小話:鳥綱、ハト目、ハト科、キジバト属、キジバト種
別名ヤマバト。
キジバト(雉鳩、Streptopelia Orientalis、ストレプトペリア オリエンタリス)のOrientalis(オリエンタリス)は『東洋の』という意味。
翼の黒と赤褐色の斑紋模様と首両横の青と白の斜め縞模様がいいですね。




ejima_ac at 16:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

目とカメラのよく似た構造 - 2008年05月03日

ご訪問いただきありがとうございます。

カメラは大切な私の趣味(2007年12月16日のブログ記事) の一つですが、一方で、目のことに興味を持ち始め眼科のことを扱うようになってすでに20年ほど経ちます。

目の生理学や疾病、治療などをすすめていく過程で考えてみれば(考えてみなくとも)、目の構造はカメラのそれによく似ています。どちらが優秀かというとそれはもう勝敗は決まっているようなもので、目の方が圧倒的にすぐれています。でも、カメラの方が通常では捉えられない感覚的な作品を見い出してくれることもあります(その意味ではカメラも負けていない領域があるように感じますけど・・・)。

先月〔08(平成20)年4月22日〕の『クロップ高速モード』の記事の中で、構造上も目とカメラって共に相通ずるところがあると述べましたが、今回はこれについて触れてみたいと思います。

構造や機能をわかりやすく比較してみますと、下のイラストのようで、
  目とカメラのよく似た構造 団子3兄弟

1. レンズは角膜・虹彩・水晶体という瞳部分にあたります。
光を取り込む通路であると同時にピント調節と露出(色の濃さ)の調整を行います。
ピントはレンズが前後に動いて、角膜・水晶体では厚くなったり薄くなったりして調節します。絞りは虹彩に相当します。
レンズはカメラ本体から突き出るように前部に付いていますが、瞳を構成する角膜・虹彩・水晶体も目(眼球)の前側にあり似た構造ですね。

2. 撮像素子(さつぞうそし、フィルムに相当)は網膜部分にあたります。
レンズや瞳の通路から入ってきた光を受け止める役割をします。例えるなら、宇宙の彼方を見つめるパラボラアンテナみたいなものです。実際、網膜はパラボラアンテナみたいなドーム状にへこんだ形状をしています(カメラのフィルムに相当する撮像素子もそのような形状の方がいいのかも?)。
カメラでは光刺激がイメージセンサーであるCMOS(シーモス)などの撮像素子(さつぞうそし、フィルムに相当)のところで、デジタルデータに変換され映像エンジンに送られ『絵作り』されます。
目の場合は、入ってきた(受けた)光刺激は網膜で神経刺激に変換され、脳へ伝わりそこで初めて『視認』へとつながります。

3. 映像エンジンは脳にあたります。
撮影の場合は最終的に、カメラ内の撮像素子(さつぞうそし、フィルムに相当)が受け止めたデータからカメラの設定に応じた『絵作り』を映像エンジンが行います。
脳は『絵作り』だけでなく、もっと複雑な機能を営んでいますが、光から変換された神経刺激が脳に伝わって初めて視認性が得られることを考えるとまさにカメラの『映像エンジン』にあたります。
  目とカメラのよく似た構造 団子3兄弟

なお、撮影したものをプリントすることはさながら、見た物を頭の中にイメージしたり写生のように自らの手を使い、一枚の絵としてキャンバスに描くことに類しますね。

カメラは、露出といって色の濃さを調整するために、絞り、シャッタースピード、ISO、ホワイトバランスなどを決めてあげなくてはいけません。ここのところが、カメラが馬鹿なところでもあり、かわいいとこでもあるわけですが・・・。
これが面倒と感じるか、面白いと感じるかが分かれ道なんでしょうね。
私なんかは後者の部類ですからいいんですけど、上達したいとも、鍛錬に励みたいとも思います。

ところで、目の診察は、『視力の程度』、『痛みの程度』、『外観異常の程度』の点などにポイントを置くことが多いのですが、何よりも重要なことは所見を『拡大して診る』こと(これは皮膚科にも通じますが)で、そこには、使用するレンズやカメラ器材の原理や構成を理解することは大切です。もちろん、経験も大事で、それらが相まって診断レベルの向上につながると私は思っています。

ejima_ac at 08:30 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

すずらん Lily of the valley - 2008年05月02日

ご訪問いただき、ありがとうございます。

とうとう5月に入ってしまいました。
夏日かと思ったら、今後は涼しい日、雨の日とお天気さんも右往左往のようです。調べてみましたら(調べてみなくても)、昨日の5月1日は『幸せを呼ぶすずらんの日』だったそうです。

      すずらん Lily of the valley
     すずらん すずらん

     すずらん すずらん

先日の炎天下に行ったマイフィールドの田圃にもそろそろ水が満杯になって田植えがすすんでいるのではと楽しみです。

ejima_ac at 21:30 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!