Blog

 

サイトマップへ

2008年04月05日

目の三大病 なみだ焼け・結膜炎・白内障 in いぬのきもち誌 - 2008年04月05日

ご訪問いただきありがとうございます。

先々月の2008(H20)年2月12日のブログ記事で紹介しました雑誌の取材2件のうち、いぬのきもち誌の『目の三大病 なみだ焼け・結膜炎・白内障』が今回、同誌 5月号( vol.72 2008 p19〜25)に掲載となりました。もう一方の病院紹介記事の方は2月末にすでに掲載になっています)。

この雑誌は一般の飼主様向けの情報誌です。この手の雑誌はいずれの出版社も同じだと思いますが、飼い主様に役に立つ情報を分析して掲載するところがミソなわけです。そこで、如何に一つ一つの細かい情報を丁寧に、わかりやすく、かつ大切に取り扱うかが重要で、つまり、かゆいところに手が届き、そのかゆみが早く治まるような情報が掲載され続けていることが大切でしょう。その姿勢の差が本の品質の差に転換されるのです。今後も、この出版社にはここのところの維持を期待したいと思います。

今回は、目の病気の特集で監修を依頼されたもので、事前に、読者の方々にアンケートをとり、関心の高かった3つの病気、『涙やけ』、『結膜炎』、『白内障』を取り上げておられました。
興味深い記事となっていますので、愛犬家の方々にはぜひ目を通していただき、ご自分のところの愛ペットの目の管理に役立てていただけたらと願っています。

    目の三大病 なみだ焼け・結膜炎・白内障 in いぬのきもち   いぬのきもち 5月号 2008年

ただ、どんな病気(状態の変化)もそうですが、どのように対処したらよいか、判断を迷った時は信頼できるかかりつけの先生に相談された方がいいでしょう。

『いぬのきもち』誌、『ねこのきもち』誌とは、以前からのおつき合いをさせていただいています。その時々の掲載誌については、当ホームページ内の『院長の著書と活動状況』の中にも紹介しています。
当院が眼科ケアセンターを併設し、特に、目の病気に力を注いでいる点に注目されてのおつき合いとなっています。

※ 当院は今まで数多くの眼科症例を経験し、良好な治療成績を残しています。是非一度来院されることをお勧め致します。また、手術困難な症例などを担当されていて、眼科手術等に不安がある先生にも是非患者様をご紹介頂けるようお願い致します。


ejima_ac at 03:30 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!