Blog

 

サイトマップへ

マルチーズ 女の子 両目の重度結膜炎 After&Before - 2018年10月20日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

今回は、重度の結膜炎で悩むペット(マルチーズ、13歳、♀避妊済み、BW 1.9Kg)の事例を簡単にご紹介致します。

マルチーズ 女の子 両目の重度結膜炎 After&Before 前々から両目のメヤニがひどく、瞼がくっついて開かないほど
 にひどいとのことで来院された子です。
 目薬による点眼治療を始めると改善は見られていましたが、
 治療のレベルを下げると再発の兆候が出て良くない印象でし
 た。なかなかスパッと改善しないということで、両結膜の培養
 感受性試験をお勧め致しました。
 [0082 3400 NKNSHR]

その結果は、両目からブドウ球菌(スタフィロコッカス・インターメディウス Staphylococcus intermedius)とジフテリア菌(コリネバクテリウム・ジフテリアエ Corynebacterium diphtheriae)の2菌種が検出され、感受性試験の結果から、両目共に効果が期待できる抗生剤はアモキシシリンクラブラン酸とファロペネムの2剤ということでした。

当院では、ファロペネムを使い経過を見守りましたが、順調な改善は見られ、現在は目薬のみでの経過観察に入っています(写真左側)。飼主様もとても安堵されています。
効果が期待できる抗生剤の種類はかなり限定(2種類のみ)され、この子に合った薬が少なく今までうまく合致しなかったことが再発を繰り返す要因だったと思われました。

飼主様に役立つ情報はこちら

ejima_ac at 06:00 コメント( 0 )  この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星