Blog

 

サイトマップへ

超小型! 2ヶ月齢のチワワでのチェリーアイ矯正手術と器具 - 2017年06月22日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

今回は、左目チェリーアイ矯正手術の事例を器具を含めて簡単にご紹介します。
来院時2ヶ月齢の超小型犬(BW780g)のチワワの女子、手術はやりにくいものになると思われました。

左目のチェリーアイ 左の目頭が腫れているのを昨日見つけた とのことで来院されました。
 チェリーアイの診断の元、手術に向けての準備を進め3週後にチェリーアイ
 矯正手術を実施しました。
 この時点で体重は1.12Kgまで増えていました。
 007903300 YNI MM

手術3日目 左目チェリーアイ矯正手術 手術3日目の所見です。
 チェリーアイはきちんと矯正され
 元の位置に戻っています。


 カストロビエホ持針器 ミニ曲
今回のように細かい手技になりそれを成功させるためには、それなりの器具を用います。ここに紹介するカストロビエホ持針器もその一つで、組織にも術者にも過重のストレスを及ぼすことなく、思い通りに針糸を進めることができます。顕微鏡手術とまではいかなくても細かく、丁寧な手術をしたいという時にはうってつけの器材と思います。あと、ピンセット類、鉗子類、針糸についても小さな術野向きのサイズの物が必要です。

飼主様に役立つ情報はこちら

ejima_ac at 20:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星