Blog

 

サイトマップへ

愛犬の肥満の悩み、体脂肪率(BFP)も測ってみませんか?  - 2017年06月01日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

 下の写真は、犬用の体脂肪計です(注意: ペースメーカー装着の犬には使えません)。
犬用体脂肪計 IBF-D02 ヘルスラボ ふだんの診療の中で、『最近この子太ったのよね〜!』 という言葉を
 耳にすることがあります。
 このような時、当院では体脂肪率(Body Fat Percentage: BFP)の測定
 をお勧めしています。もちろん、体重、食餌の質・量・回数、ウンチの
 質・量・回数、品種、年齢なども参考にします。
 通常、犬の体脂肪率は、♂で 19〜26%位が適正とされています。 
     <19%:    痩せ気味
     26〜33%位: 太り気味
     33%<:    肥満

 これらの数値は、去勢♂や♀では少し右側にシフトします。
 適正脂肪率が高い品種(シェルティー、ポメラニアン、♀のキャ
 バリア)では、さらに右側にシフト、適正脂肪率が低い品種(ジャック
 ラッセル、フレンチブルドッグ、ブルドッグ)では逆に左側に少しばか
 りシフトします。

体脂肪率を測定しているところ 左は、体脂肪率を測定しているところです。
 ストレスなく測定することができます。是非、お勧め致します。
 肥満の対策法についても紹介しています。

飼主様に役立つ情報はこちら

ejima_ac at 00:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星