Blog

 

サイトマップへ

3日前から右耳を振る - 2013年01月24日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

今回は、日常診療の中でとても多い 耳の話題 です。
日ほど前から『右耳を痒(かゆ)そうによく振る』とのことで来院されました。

耳がかゆい!! ワイヤーフォックステリア、5歳、8.5Kgの女の子です。
 耳の中の分泌物を検査すると、ひょうたん型や楕円型のマラセチアが
 多数見つかりました。
 この所見から、マラセチア性外耳炎と診断しました。



 下はその顕微鏡所見です。 犬のマラセチア性外耳炎
 濃く染まるひょうたんや楕円の形
 (赤矢印)は全てマラセチアです。
 (マラセチア性外耳炎)






外耳炎の原因はほかにも細菌性、混合性などいろいろあります。耳や周辺のにおいがひどい、汚れがすごい、痒(かゆ)みがひどい場合は先ず検査を受けるといいですね。
原因を見つけそれぞれにマッチした治療(局所療法、全身療法)を行えば大抵は治ります。状況によってはエリザベスカラーを付けて掻けないよう耳を保護することも大切です。

結果的に緑膿菌(りょくのうきん)だったというケースもあります。このような場合はなかなか治らず、効く抗生剤が見当たらないこともあります。そうした時はしばらく休薬した後、培養・感受性試験を行い、菌の特定をしたり、効く抗生剤を探し出してやるとうまくいくことが多いですね。

慢性になると耳道を切り取る手術が必要になることもあります。そうならないようにふだんからの予防が大切です。

飼主様に役立つ情報はこちら

ejima_ac at 06:00 コメント( 0 )トラックバック( 0 )  この記事をクリップ!

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星