Blog

 

サイトマップへ

体調が悪いのに購入してしまうのはなぜ? - 2011年05月25日

ご訪問いただきありがとうございます。

体調が悪いと分かっているのに購入してしまうのはなぜ? 
なんか調子わるいなぁ〜 シリーズ記事 自分に合ったペットの選び方 の中で、
 ペット購入時の健康問題 に触れてきましたが、
 つい先日、まさに当院にてその事例がありました。

 













〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
『3日前にペットショップで購入した柴犬(生後1ヶ月ちょっと、♂、体重1.6Kg)なんだけど、下痢をしている。』
とのことで来院されました。

飼主様の話を聞いてみると、購入前からすでに下痢はあって、お店の方からもその旨の説明はもらっていたというのです。 『3〜4日しても下痢が治らないようなら動物病院に行ってください。』と言われていたそうです。
(率直な私的印象としては、『売るにあたってそんなことを言うんですか、そのお店は・・・? 在庫整理じゃあるまいに、まぁ〜、開いた口がふさがらないって感じ』でした。)

年に何回かはこのような(購入してすぐ動物病院通いが始まる)事例に遭遇しますが、
今回のように下痢をしているとわかっていて購入する飼主側には大いに問題ありと感じさせられます。
でも、なぜこのような症状(問題)を持つ子を購入してしまうのでしょうか?
もっと自分が求める個体に高い意識や感心を持たなくては・・・と思いますね。そんなんじゃ〜販売店にクレームひとつ言えないなぁって・・・。
下痢なんて話は聞いてなくて、お店から説明もなかったというなら相手方に大いに意見できるところですがねぇ・・・。

『下痢があることは事前に説明していたし、あなたの方でも認識されていたわけですから』ということで、販売店側はノータッチの姿勢のようです。
お店側にも言い分はあるんでしょうが、釈然としませんね。
そのような言い分を通そうとするお店の態度に誠意は感じられません。
     ・ 下痢の子を販売するなんて、
     ・ その後、下痢が治らないなら動物病院へ行ってくださいなんて、
     ・ 購入してすぐに動物病院通いを促すような流れ作りなんて、
     ・ 下痢があることは前もって伝えていたはずなんて、
そんな無責任な対応は感心致しません。問題を感じます。
やはり、健康な子を供給してほしいですね。
『今は下痢をしてますが、この子がお気に入りであれば、当店の方で治療致します。そうしたら買っていただきます。』・・・と。
(いい意味で、相手の記憶に残る仕事ぶりを発揮してもらいたいですね。)

飼ってすぐ病院通いが始まるなんてお気の毒です。求める側にも意識の自己防衛が望まれます。
ところで、この子の下痢の原因は判明し、現在、お薬を処方し治療を続けておられます。
少しずつ良くなっています(この子にとってはちゃんとやってもらえる飼い主に出会えて結果オーライだったのかも・・・)

     ・ ペットを飼うのは 『全介護』 - 2011年05月09日
     ・ 自分にあったペットの選び方(3/3) - 2011年05月01日
     ・ 自分にあったペットの選び方(2/3) - 2011年04月25日
     ・ 自分にあったペットの選び方(1/3) - 2011年04月19日
     ・ まるでSFの世界 - ペットの個体識別 - 2009年10月23日  
     ・ ペットの付加価値 - 2009年03月10日
     ・ ペットを入手したところ・・・・ - 2009年02月15日
     ・ ペットは生き物! - 2008年06月04日
     ・ 初めてペットを入手しようとされるあなたへ - 2008年05月27日

ejima_ac at 06:00 コメント( 0 )  この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星