Blog

 

サイトマップへ

手で押し戻したチェリーアイ  - 2011年02月23日

ご訪問いただきありがとうございます。
(文章が見にくい方は互換表示をONにして、位置ずれなどをご訂正下さい。)

今回は、手で押し戻しそのまま経過をみているチェリーアイの症例を紹介します。
治ったということではないのですが、再発がなければ矯正手術は必要ないでしょう。また、飼い主様も現状、手術を望まれているわけでもありません。

今までにも、チェリーアイに関する記事は、下記のようにいくつかとりあげてきました。
     ・ チェリーアイに似て非なる症例〔2〕 - 2010年11月19日
     ・ チェリーアイに似て非なる症例〔1〕 - 2010年11月10日
     ・ チェリーアイ手術 Cherry Eye Surgery - 2009年10月14日
     ・ チェリーアイ、3度目の正直 - 2008年10月19日
     ・ チェリーアイ(犬と猫) (Case)

今回の紹介例は、根治できてる訳ではないので、再発の可能性はあります。でも、今のところうまくいっています。
今後、再発するようなら、 表に出てきた瞬膜腺(チェリーアイ)を元の位置に戻す矯正手術が必要になります。飼い主様にもその旨はお伝えしてあります。

チェリーアイ チワワ チワワ、7齢、♀
 何週間もの間、この状態のようでしたが、
 充血、炎症、腫れなどがそれほどでもなく、
 戻せるのではと考えトライしてみました。
 下の瞼(まぶた)をチェリーアイに被せ、
 丁寧に押し込みます。何回か試みると、
 下の写真のように収まりました。
 0056*8200 HgTbt




チェリーアイ チワワ 2週間後の所見です。
 再発はなく、何とか収まっているようです。
 飼い主様には、この子をキャンキャン鳴かせたり、
 興奮させないようにしてくださいね、と
 お伝えしてあります。
 
 このままで行けるといいですね。

ejima_ac at 20:00 コメント( 0 )  この記事をクリップ!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星